ちょっと触れただけでもひどい胸の痛み|生理前になると起こるこの現象に対策はないの?

■生理前の胸の痛み、これって生理痛のひとつの症状?

生理前、胸が張って少し触れただけでも痛くなることありますよね。
通勤で満員電車なんて乗った日には違う意味で胸をガードしちゃいます。

これって生理痛の一種なんでしょうか。
そもそも生理痛って腹痛以外に何があるんでしょうか。

生理痛の症状として認められているのは、
腹痛、吐き気、腰痛、頭痛、熱、下痢、眠気、めまい、便秘、肌荒れ
以上の10種類の症状になります。

なかでも腹痛や腰痛などは一般的にいわれる症状ですね。
「~痛」と名前がつく割に、痛み以外の症状もありますね。

では、胸の痛みは生理痛になるのか?ということですが、
ズバリ、なりません。

というのも、生理前の胸の張りは、体が妊娠に備えて起こる現象です。
生理は妊娠せず不要となった胎盤を体外に排出するのが目的です。

なので、妊娠の準備のために膨らんだ胸は、
生理とともにもとに戻り、痛みも引いていきます。

生理痛とは、生理が原因で起こり、生理中にその症状がでます。
なので、生理前の胸の痛みは、「生理痛」とは違うのです。

■生理痛とPMSの見分け方

そうはいっても、PMSと生理痛のどちらにも共通している症状がありますね。
この場合は、どちらが原因なのかわかりにくいですよね。

でも原因がわかっていないと根本的な治療は出来ませんよね。
PMSの治療と、生理痛の治療ではちがいますからね。

なので、同じ症状でもそれがPMSなのか生理痛なのか、
簡単な判断基準をお教えします。

・PMS
生理10日くらい前から、長くても生理開始2日目くらいまでの症状

生理痛
生理開始から生理終了までの症状

例えば、毎月20日に生理が来るとしますよね。
10日頃からもやもやした腹痛、腰痛、下痢をしだした。
20日になって生理が来て、腰痛と下痢は収まったが、
激しい腹痛、吐き気がひどかった。

この場合、腰痛と下痢はPMSです。
吐き気は生理痛です。

では、腹痛は?
これは、PMSであり、生理痛でもあるんです。

前半のもやもやした腹痛は、PMSの症状です。
後半の激しい腹痛は、胎盤が剥がれ落ちる際の痛みなので生理痛です。

同じ症状でも、現れる時期、痛み方によって区別することが出来ます。
ただし目安程度なので、きちんとした診断は医師にお願いしてください。

■PMSとそれ以外の見分け方

生理痛とのちがいはわかりましたが、
なにも痛みの原因はPMSと生理痛以外ないわけではありません。

特に胸の場合、他の病気が隠れている可能性もあります。
それは、乳腺症と乳がんです。

生理前になると胸が張って痛くなりますが、
それはPMS以外が原因かもしれません。

・乳腺症
母乳を出すための管が炎症を起こし、しこりや痛みを発する。
生理前になると、乳腺に水分を溜め、乳腺自体が変化する。
生理ごとにそれを繰り返すが、
何かのきっかけで炎症を起こすと、乳腺症になってしまう。

・乳がん
乳房の周りにしこりが出来るのが見分け方の特徴。
特に胸の張りが片方だけだったり、形がいびつなときは要注意。

どちらも胸が張ったり痛くなったりしますが、
PMSとのちがいは、「しこり」ではないでしょうか。

もし胸を触ってみて気になるしこりを発見したら、
ぜひ、早急に病院へ行って診断を受けてください。

■胸の痛みの緩和方法

病院へ行くほどのものでもないとしても、
生理前の胸の張りからくる痛みは何とかしたいですよね。

ちょっと何かが触れただけでも激痛が走るほどの人もいます。
そんな時は満員電車、満員のエレベーターなんて地獄のようですよね。
違う意味で胸をガードしてしまいます。

そんな大変な思いから、少しでも開放されるための対処法をお教えします。
簡単なのでぜひためしてみてください。

・下着のサイズアップ
少し触れただけでも痛いのに、普段と同じサイズのブラでは締め付けすぎです。
ワイヤーのない、ソフトタイプのブラにして、
必要ならその時期の胸のサイズに合わせて大きい物を用意しましょう。

・温めてマッサージ
あまりに痛くて熱を持っているときは冷やして置きたいところですが、
ホットタオルなどでじんわりと温めると血行が良くなり乳腺の負担も軽減され、
痛みが引いていきます。

更に優しくマッサージをすると効果的なので、ぜひお風呂では、
湯船につかってやさしくマッサージしてみてください。

・大豆製品を控える
大豆には女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンという成分があります。
これを摂り過ぎると胸への影響が強すぎるので、
張りや痛みがひどい時には摂取を控えましょう。

いかがでしょうか、簡単にできそうですよね。

人前で胸をガシガシ揉むのはいかがなものかと思いますが、
優しく擦るだけでも十分マッサージ効果があるので、
痛みがひどくなってきそうなときはぜひやってみてください。

ひどい胸の張りで痛みまで|生理前のこんな状態に何か対策ってあるの?

■生理前の胸の張りが早過ぎる。これでもPMS?

月経前症候群というのがPMSの和名ですが、
その名の通り月経が起こるまえに体に起こる不調をまとめて言います。

原因ははっきりしていませんが、
女性モルモンの一つである黄体ホルモンの増減が関係しているといわれます。

そのPMSの症状の中に、「胸の張り」もあります。
生理前の体は、妊娠に備えて色々と準備をします。

乳房が張るのは、乳腺が母乳を出すために変化するからです。
水分をためたリ、乳腺が拡張したりするために張りや痛みが生じます。

これらはPMSの人もそうじゃない人も等しく起こる変化ですが、
PMSの人はホルモンの影響で症状がつよくでてしまうのです。

胸はその大半が脂肪で出来ているので、
よくダイエットすると胸から痩せるなんて悩みを持つ人もいますよね。

前回のPMSで過食気味になって、
気にならない程度だとしても体に脂肪が付いている状態だと、
いつもより早めに胸の張りや痛みを感じることがあります。

これはあまり気にする必要のない変化なのでいいのですが、
そうじゃなく、痛みや張りが早い、ひどいということもあります。

そんなことが起こっていたら、
もしかしたらPMS以外の病気の可能性もあるんです。

■生理が来るのは毎月20日前後だったけど今月は5日に胸のハリが・・

PMSの症状にしては時期が早すぎる。
ちょっと心配ですよね。

でも毎月生理前には胸の張りや痛みがあって、
PMSの症状とも一致してるし、今月はPMSが早めにきただけ?

今ある病気の症状と一致すると、他の可能性は考えにくいものですね。
でも、通常よりも2週間も早い症状の現れはどうでしょう。
他の病気の可能性を探ってみましょう。

・排卵によるもの
PMS同様、排卵もホルモンの働きにより起こる現象です。
そのため、ホルモンの影響を大きく受ける時期とも言えます。

黄体ホルモンの影響で起こるPMSと排卵は、
同じホルモンが関係しているので現れる症状も似ています。

けれど排卵による痛みであれば、2~3日で収まっていきます。
一方PMSは生理が開始されるまで、もしくは開始後数日まで続きますので、
症状の出る時期と期間でそのちがいは見当がつくと思います。

・乳腺症
乳房の中には、乳腺とよばれる母乳を出すための管があります。
そこは毎月生理前になると妊娠準備として拡張したり、
母乳の代わりに水分を溜め込んだりして活動します。
そのため、この期間は乳房が張り、時に痛みを伴います。

通常だとそのまま生理が来て水分は吸収され張りも収まりますが、
この乳腺に何らかの要因が働き炎症を起こすことがあります。
これが乳腺症です。

乳腺症の場合、外から触るとしこりがあったり、
しこり部分が特に痛みを感じたりします。

・乳がん
乳腺症の症状と似ていますが、痛みはあったり無かったりです。
しこりがあり、片方だけが張る、形がいびつなどという時は、
すぐに病院を受診してください。

乳房を専門に見てくれる「乳腺外来」という科があります。
できたらそちらへ行くことをおすすめします。

■PMSによる乳房の張りや痛みの緩和方法

乳腺症や乳がんなどの特別な治療が必要ではない場合、
時間とともに症状は収まりますが、その間なにもしないのも苦痛です。

そこで、張りや痛みを緩和する方法をお教えしましょう。
特別なことではないので、どこでも実践出来るものばかりです。

・下着をサイズアップする
普段のサイズでは収まらないほど胸が張る人もいます。
ほんの数日のことといわず、
その数日間用のサイズの大きい下着を用意しましょう。

張って痛いのに狭いところに押し込めると余計痛いものです。
かと言って下着を付けずにいるわけにもいきません。

アンダーをしっかりと支えて、カップは緩すぎない程度のものを。
締め付けがきついと血流が悪くなり余計に痛くなるので注意しましょう。

・マッサージ
血行を良くすることで痛みが緩和されます。
また、血流がよくなると乳腺の拡張もスムーズになるので、
乳腺症の予防にもなります。

できればお風呂や、ホットタオルで温めてから
優しくマッサージをすると効果的です。

■乳房の状態をチェックしておこう

ホルモンの変化によってその大きさまでも変えてしまう乳房。
生理周期と連動して柔らかくなったり硬くなったり、
ふくよかになったり、張りのないものになったり変化します。

先程も上げましたが、張りと痛みだけでは
判断がつきにくい病気が潜んでいる可能性もあります。

そこで、1日1回は胸の状態をチェックするようにして見ませんか?
チェックの仕方は以下のようになります。

・乳房の周りを指先で優しくおしてみる
たまのような、コリッとした間隔が合った場合はそれがしこりです。
見つけたら病院でくわしく診てもらいましょう。

・鎖骨から乳首に掛けて指で押しながら下がる
乳房が張るときは、だいたいこの部分から張り出します。
少し痛みがあるようなら、大きめの下着の準備をしておきましょう。

・脇から乳房に向かって指でおす
ここでもしこりが見つかるようならすぐに病院へ行きましょう。
このルートは、胸の肉が腕に流れていく道です。

もし触ってみて問題がなさそうなら、
腕からグイッとお肉を胸に戻すようにマッサージすると
二の腕シェイプとバストアップになりますよ。

毎日行うことで小さな変化を見逃さず、
大事になる前に対処できる可能性が高まります。

もし乳がんなんてことになったら、発見が早いと乳房を残せます。
PMSの症状と同じなので見落としがちですが、
違う可能性も頭の片隅においておいてください。