ブラがきついのは喜んでいいの?生理前限定で巨乳になるのはどうして?

■生理2,3日前になるとブラがきつくなるのはなぜ?

女性の体は一月の間に色々と変化します。
生理の前にはむくみやすくなったり、眠くなったり。

胸が張るのもそんな変化の一つですよね。
でも人によっては、その張り方が異常で痛みを伴う場合も。

そもそも、なぜ生理前に胸が張ってしまうのでしょうか。

それは、体が妊娠に備えているからなのです。

実は、変化は排卵後すぐに始まっています。
卵子がまだ受精する前、受精卵が着床する前から始まっている妊娠準備。

妊娠準備といえば、子宮の中の話だと思いがちですが、
胸では母乳の準備が始まっているのです。

母乳を出すために、乳腺血管が膨張したり、
乳腺組織が妊娠のための準備をすることで胸が張ってしまうのです。

乳房には沢山の乳腺血管があるので、その一つ一つが膨張するとなると、
確かに下着がきつくなることはありえますよね。

内側から押し上げられるような張りがでて、
痛みが出るというのも納得だと思います。

しかも、この妊娠準備による体の変化は、
胸だけに起こることでは無いのです。

■他に体の中の変化とは

生理周期を参考にしたダイエットがあると聞いた人はいると思います。
コレは、まさに妊娠準備をする体の動きを上手にコントロールしたものなのです。

排卵後、体は妊娠準備に入ると言いました。
どんな準備をして、体にどんな変化があるのでしょうか。

・栄養の溜め込み
妊婦さんは胎児のために通常よりも多くの栄養を必要とします。
摂取した栄養を効率よく貯蓄するため、体中に栄養や水分を溜め込みます。

こうして得た栄養は、妊娠すれば胎児に使われますが、
妊娠しないと生理とともに排出されます。
なので、生理前は溜め込んだ水分でむくんだり、体が重く感じたりします。

・食欲増加
より多くの栄養を摂るために、脳からは食欲を刺激する指令がでます。
そのため、生理前は通常よりも多く食べてしまう傾向にあります。

しかも、簡単に高カロリーを摂取しようと、
味の濃いもの、甘いものなどを特に欲しく感じてしまいます。

・眠気
活動することで不要に栄養素が使われ内容に、
また、胎児のために安静にしないといけないという本能から、
生理前はとても眠くなることがあります。

体が貯めこみ状態で、そんな中食欲が増加して体は休息モード。
生理前は、ダイエットをしても効果が出るどころか逆にリバウンドすることも。

ただし、生理が来て溜め込んだ栄養分が不要だとわかると、
今度は積極的に排出しようと体が働き出すので、
このリズムを上手につかって、ダイエットに活かすといいといわれますよね。

■胸の張りがひどい時は

体の本能だとわかったところで、
でも張って痛い胸をどうにかしたいという気持ちは別問題です。

生理前の胸の張りを少しでも和らげるための方法とは、

1.下着をサイズアップする
締め付けるのは痛みを引き起こすだけなので、
その時だけの大きめの下着を用意する、マタニティー用のブラにするなど、
刺激のすくない下着をその時期だけでもつけるようにしましょう。

2.マッサージをする
乳腺血管が膨張して硬くなっていることがあるので、
優しくマッサージをすることで血流をよくし、張りを緩和できます。
温めるとより効果的なので、お風呂でお湯に浸かりながらもいいと思います。

また、あまりにもひどい痛みがあるときは、
単なる妊娠準備ではなく、乳腺症などの別の病気が隠れている可能性もあります。
心配な人は、すぐに病院で診てもらいましょう。

■普段から気をつけること

痛い時はその時用の対応をして乗り切りましょう。
でも、普段からちょっと気をつけるだけで、痛みが減るかもしれません。

・脂肪分の多い食事は控える
乳製品、牛肉などはホルモンに影響を与え胸の張りを引き起こします。
脂肪の代わりに、植物性タンパク質を摂るようにしましょう。

・ビタミン、ミネラルを摂る
生理前の胸の張りはPMSの症状の一つです。
そのため、PMS対策は十分に効果があります。

・カフェインの摂取を控える
カフェインといえばコーヒーですが、紅茶やソーダにも含まれます。
チョコレートにもカフィンが含まれますので、
ノンカフェインのお茶やハーブティーなどに切り替えましょう。

・ゴールデンタイムでの睡眠
夜の10時から深夜2時までは、睡眠のゴールデンタイムと言われています。
何がゴールデンなのかというと、この時間帯は成長ホルモンの分泌される時間なのです。
成長ホルモンによって、体も心も疲労を回復することが出来ます。

ノンストレスでの生活は不可能でも、
この時間帯をつかって、受けたストレスを0に近づけることは出来ますよね。

・胸の張りは女性としての本能
・痛い時は締め付けないように
・日常の生活で軽減することもできる

体の変化は仕方がなくても、
それを軽減することは出来るということですね。

痛みに耐える様な対処をする前に、
ぜひ、今上げたようなことをしてみてください。

長い間胸が張るけど生理前からいつまで続くの?止めることは出来ないの?

■胸が張る期間が長い。生理前からいつまでつづく?

女性の体は、排卵が終わると
妊娠の有無にかかわらず妊娠準備にはいります。

それは、受精卵が着床してから始めたのでは遅いからですが、
そのせいで体のあちこちに変化が起きます。

PMSの症状として確認されている「胸の張り」もその影響です。

妊娠すると、やがて生まれてきた赤ちゃんにあげるために
胸の中では母乳の準備を始めます。

乳腺血管が膨張を始めたり、乳腺組織が増えたりして、
内側から押されるような形で胸が張ってきます。

妊娠が確定すると、この胸の張りはある程度準備が完了するまで続き、
生理が来ると、不要だったとして張りは急激に収まっていきます。

この胸の張りは、排卵後から生理開始まで続きますが、
痛み方は人それぞれで、触れると痛いという人から、
胸が大きくなって嬉しい!なんていう、痛みを感じない人まで様々。

特に痛みがひどい人は、生活にも色々と支障がでてしまうので、
何らかの対策を取る必要があります。

次は、その対策について色々と紹介していきましょう。

■胸の張り対策にいい食べもの

胸が張ってしまうのが体の構造上仕方が無いのであれば、
せめて軽減できないかと思ってしまいますよね。

そこで、胸の張りを少しでも緩和してくれる食べ物と、
摂取を控えたほうがいい食べ物を集めました。

・摂取を控えたほうが良い物
塩分、カフェイン、トランス脂肪酸(マーガリン・お菓子・牛肉・乳製品)

・積極的に摂取したほうが良い物
豆乳(トランス脂肪酸が少なく大豆イソフラボンがPMSに効果的)
カルシウム(乳腺に効果的)
食物繊維、ビタミン、ミネラル、植物性たんぱく質

他に、リラックス効果もある、胸の張りにいいハーブティーも

カモミール・オーツ麦・オレガノ・セントジョーンズワート
セージ・ローズ・たんぽぽ(カフェインレスコーヒーによく使われる)

塩分やカフェインは、血管をつまらせたり縮めてしまいがちです。
乳腺血管が膨張して張りや痛みが起こるところに、
逆の作用をするものを取ってしまっては症状は悪化してしまいますよね。

なるべく張りを和らげるものを食べて乗り切りましょう。

■胸の張り対策にいいサプリ

食べ物だけではなかなかうまく行きませんよね。
毎日海藻とじゃがいも豆乳を食べてるわけにも行きません。

そんな時は、ぜひサプリを活用してみてください。

サプリは「栄養補助食品」と呼ばれていて、
不足している栄養素を補ってくれるものです。

胸の張り緩和のために効果的なサプリを上げてみました。

・プレフェミン
これはサプリではありませんが、
日本国内初のPMS専用医薬品です。
胸の張りもPMSの症状の内ですから、飲んで見る価値はあります。

・命の母ホワイト
生理前から生理に関するあらゆる症状に効果的なサプリです。
命の母Aは更年期用なので、間違えないように注意してください。

・食物繊維の入ったサプリ
マルチビタミンやイージーファイバーなど

・プラセンタ
ホルモンバランスを整えます

・PMS用のサプリ
ルナベリー、女性のミカタ、めぐルナなど

体の基本構造とはいえ、張りがひどく痛みがでたり日常生活に支障が出るのは
やはり異常な状態です。

薬を処方されてガッツリ治療をする必要な無いと思っていても、
何らかの手立ては打つ必要があると思いますよ。

■胸が張って痛い時の応急処置

今までは、継続的に行うことで少しづつ改善する方法でした。
でも、今痛い!今すぐなんとかしたい!
そんな時は、我慢するしか無いのでしょうか。

そんなことはありません。
とりあえずの対処方法をお教えしましょう。

・下着を変える
張りがひどい人は、胸のサイズが1~2アップする人もいます。
そんな胸に今までと同じ下着ではきつすぎます。

ボディスーツのような締め付ける下着はもってのほかですが、
この時期だけだからと勿体無く思わないで、
この時期用のサイズのあう下着を用意しましょう。

また、乳首が擦れて痛いという人もいます。
そんな時は、普通の下着よりもマタニティー用がいいでしょう。

・マッサージ
温めることで血管が膨張します。
膨張すると張りによる圧力が軽減され痛みが軽くなります。

そこでマッサージをすると温まり痛みが軽減するわけですね。

もっと効果的なのはホットタオルで温めてマッサージをしたり、
お風呂でお湯に浸かりながらマッサージするといいでしょう。

ただし、血行が良くなりすぎると痛みが増すこともあるので、
その時はすこしマッサージの様子を見たり中止してください。

・ツボを押す
三陰交(くるぶしから指三本分上の内側)
陽陵泉(膝の外側の骨の出っ張り部分)

ちょっと気になった時に押すとすっきりするかもしれません。

・胸の張りは妊娠の準備
・栄養補給で症状は緩和出来る
・締め付けたり温めたりするといい

胸の張りは自然な体の仕組み上、止めることは出来ません。
ただし軽減することは可能なので、
できることをして楽になれるといいですよね。

なぜ生理前になると胸がはるの?これって何かの病気なの?

■生理前に胸が張るのは何かの病気?

生理前になると体に色々と変化が起こることないですか?
例えばニキビが増えるとか、イライラするとか。

そんな変化の中に、「胸の張り」がある人もいますよね。
張ってサイズが変わる人もいれば、張りすぎて痛くなる人も。

胸に異変があると、まず考えてしまうのが「乳がん」じゃないですか?
胸の張りがしこりの延長なような気がしたり、
痛みが病気の進行のような想像をしたり。

ちょっと胸が大きくなった気がする・・
じゃぁ済まされない変化や痛みに戸惑う人はきっと多いと思います。

実際に乳がんだった人もいるでしょう。
でもそうじゃないけど胸が張る人のほうが多いはずです。

では、乳がんほどの深刻な病気ではない場合、
なぜ生理前になると胸が張ってしまうのでしょうか。
その原因の一つをご説明しましょう。

■なぜ生理前になると胸が張るの?

生理前になると胸が張る。
張りすぎて痛くなることもある。

胸の病気はいろいろ考えられますが、
「生理前になると」という時期が限定して起こる症状には、
「月経前症候群(PMS)」という病気が考えられます。

代表的な症状としては、
頭痛、腹痛、腰痛、むくみ、冷えなどの身体的症状から、
イライラ、不安、恐怖、不眠といった身体的症状まで。

胸が張る、胸が痛むなどもPMSの身体的症状の一つです。

排卵後次の月経が始まるまでの間、体は妊娠に備えます。
そうすると、体は栄養や水分を溜め込もうと変化しだします。

溜め込んだ水分はむくみ以外にも、体の様々なところで不調の原因となります。
その中の一つに、胸の張りや痛みがあるんです。

胸の乳腺に水分を貯めこみ、その結果胸がはる。
水分でパンパンになった乳腺が悲鳴を上げてそれが痛みとなって出てくる。

貯めこむこと自体は自然な体の反応なんですが、
それが過剰に起こることでPMSとしての症状になってしまうんです。

実際のところ、症状があまりにも種類が多いので、
PMSだと本人も気づかないこともあるようですが、
とにかく「生理前」に不調が起こるようなら疑ってみていいと思います。

そしておかしいなと思ったら、なるべく早めに病院へ行きましょう。
治療は早く始めるに越したことは無いんですから。

■PMSの治療方法

そんな症状が多すぎる病気に、どんな治療方法があるんでしょうか。

PMSという病気は、その原因がはっきりしていないことから、
特効薬、というものがありません。

代わりに、症状が引き起こされる要因はなんとなくわかっているので、
その要因であるホルモンバランスに働きかける治療をします。

・低用量ピル
避妊薬として知られているピルですが、
これは体内を擬似妊娠状態にすることで避妊できるというものです。

この擬似妊娠状態というのが、PMSが起きないホルモンバランスの状態に近いようで、
多くのPMS患者の方がこの治療方法を一度はためしていると思います。

ピルはその特質上、服用できない人もいます。
妊娠を望む人、喫煙者、高血圧の人は服用が出来ないこともあります。
そんな人のための別の治療方法もあります。

・漢方薬治療
ピルでの治療が出来ない人は、漢方薬による治療があります。
漢方薬は体質改善を目的に服用するものなので、
効果を実感するためには最低でも3ヶ月は服用を続けるほうがいいとされています。

その効果が現れるまで、症状を我慢しなさいとはいえないので、
漢方薬治療をするときは、他の治療を併用します。

・対処療法
漢方などの効果が現れるまでや、
あまり症状の種類がなくピンポイントで対応したいとき、
その症状にたいする治療を行います。

薬での対処が主で、
頭痛や腰痛などの痛みには鎮痛剤、むくみには利尿剤、情緒には精神安定剤のように、
その症状に対応する薬によって症状の緩和を促します。

他にも、食事による栄養改善やストレス解消などの生活改善なども、
PMSの治療として薦められる方法です。

■胸が張った時の対処法

PMSの症状として胸が張っているなら、
治療は、胸に対してよりもPMSの改善をすることが必要です。

ですが、漢方治療同様、効果が現れるまでの間の対処法は知りたいですよね。
そこで、胸が張る、張って痛い時の対象方法をお教えします。

・下着を大きいサイズにする
胸が張って大きくなったのに、以前と同じサイズの下着はきつすぎます。
きつい下着を無理につけていると、痛みもでるし胸の形も悪くなってしまいます。

たかが数日のことと言わずに、
きちんとその時のサイズに合った下着をつけるようにしてください。

もちろんショーツもゆとりのあるものにする必要があるかもしれません。
ガードルやボディースーツは余程の理由がない限りは控えましょう。

・温めてマッサージ
張りがあると冷やして治そうとしますが、
胸の張りの場合は冷やすことは逆効果になります。

生理前は体が水分を溜め込もうとしている時です。
当然胸にも溜まっているので、むくんでいるのと同じ状態です。

脚のむくみをとるときは、温めてマッサージをしますよね。
リンパの流れを良くしてむくみを解消しようとしませんか。

胸も同じで温めてマッサージをすることで、
溜まった水分が流れて張りを緩和してくれます。

お風呂で湯船に浸かりながら、優しくマッサージをすると効果的です。

胸に不調がでたとしても、マスクをしたり手を添えたりは出来ませんよね。
人前で無駄に触っていたら変に思われます。

・不調は病気のサイン
・病院にかかるのに早過ぎることはない
・正しいケアをすれば大丈夫

胸だしちょっと恥ずかしい。
そんなことを言わないで、不安に感じたら病院へ行きましょう。

痛いくらいに生理前になると胸が張る 楽になる対処法って無いの?

■胸に痛み?張り?生理中や生理前から気になる。

胸が張る、触れると痛い。
思春期の胸の膨らみ始めを思い出させるような現象です。

しかしそんなわけはありませんよね。
れっきとした大人ですから。

生理前や生理中に胸の痛みや張りを訴える女性は結構います。
中には、明らかにサイズアップしたのがわかるくらいの人も。

胸の張りから、「妊娠した!?」と勘違いする人も中にはいるようですが、
生理前や生理中で妊娠を疑うのは違いますよね。

胸に張りが出て、大きくなったら大概の人は嬉しいものです。
でも痛みが伴うのはかんべんして欲しいです。

特に痛みの酷い人は、満員電車やエレベーターなど、
人との接触があるところでは大変です。

触れると激痛が起こるので必死に胸をガードすると、
理由を知らない周りの人からは、
「痴漢にあってる?」「自意識過剰?」なんて白い目で見られたり。

ただでさえ生理の出血やら腹痛やらで憂うつなのに、
なぜ胸にまで異変が起こるのでしょうか。

■なぜ胸が張って痛いのか

生理前の体は、排卵を終えて妊娠準備に大忙しです。

妊娠をしたら今まで以上に栄養が必要になります。
そのため、排卵後の体は栄養も水分も溜め込みやすい状態です。

あらゆるところに水分をためていくので、
当然胸も貯蔵スペースとして有効利用されます。

そのために胸が大きくなるのですが、
PMSの人はそれが過剰に反応することで
痛みや必要以上の張りを感じてしいます。

言ってみれば、胸がむくんでいる状態なんですね。

よく、夕方になると足がむくんで靴がきついなんて言いますよね。
胸にもあれと同じことが起きているんです。

ただし足のように朝と夕方で大きさが違うというよりも、
ある一定時期だけ大きさが違うという、
足よりもちょっとスパンが長いんです。

きつくなった靴に足を入れるとき、
足をマッサージしてむくみを多少でも取ってから靴を履きますよね。

胸もそうできたらいいんですが、
さすがに四六時中、胸をさすってマッサージするわけには行きません。

そこで、そんな期間限定の胸の張りと痛みを緩和する方法をお教えします。

■その対処法は

ズバリ、下着を変える!

むくんで大きくなってしまった胸を
今までと同じ下着に収めようとするから痛いんです。

その時期だけの、サイズの大きい下着を用意しましょう。
胸だけではなく、ショーツも少しゆとりのあるものにしましょう。

もちろんガードルやボディースーツなんてもっての外です。
むくんだ足にキツキツブーツを履くようなものですからね。

そしてもちろんマッサージも重要です。
ただし、人前は避けましょうね。

痛みが酷い時は温めると少し楽になります。
お風呂でお湯に浸かりながら、優しくマッサージするといいでしょう。

胸の中心から円を描くように優しく脇へ。
こうすることでリンパに乗ってむくみが少し解消します。

しかしあまり力いっぱいやると、
胸のお肉が脇や背中に流れていってしまうのでご注意を。

■PMSが原因以外の可能性は?

もしも生理に関係ない時、もしくは規則性無く胸が張ったり痛んだら、
それはPMSが原因では無いかもしれません。

その時に考えられる病気としては、
乳腺の異常、もしくは乳がん、なんていう可能性もあります。

・乳腺異常
乳房の中には乳腺というものがあって、
母乳をあげるときはこの乳腺からでます。

一度も妊娠経験がないから問題ないわ、なんて思うのは間違いです。

生理に絡めて胸が張る、痛むときは、この乳腺に水分が溜まっているから。
つまり、母乳を出さなくても毎月乳腺は働いているんです。

なので、何らかの要因でこの乳腺に以上がでると痛みが生じます。
乳腺炎、乳腺症、乳腺繊維浮腫などがあり、しこりがあるのが特徴です。

・乳がん
これは誰もが知っている病気ですね。
痛みよりもしこりに気づいて病気を発見することが多いです。

乳房の周りや乳房自体にしこりがあるのが特徴としてありますが、
他に、鏡に写した時左右の形が違う、なんていう特徴もあります。

また、乳首を触ったときに出血があるときも危険です。

乳がんは早期に発見すると転移の可能性がとても低いがんです。
しかも乳房の切除をしなくても治療できる可能性もあります。

着替えの時、お風呂あがりなどに
ちょっと胸のチェックを習慣付けてみませんか?

そしてもし普段と様子が違う所があれば、
乳がんの疑いがあるのですぐに病院で検査を受けてください。

どうだったでしょうか。
単に胸が痛い、胸が張る、の症状には、こんなに色々隠れていました。

・痛みの軽減は下着で工夫する
・ひどい時は温めてマッサージ
・気になるときは病院へ検査に

女性のシンボルとも言える胸。
痛くて辛い思いをしているなら、ガマンしないで病院へ行きましょう。