ひどい体調不良で精神不安定も。生理前のこんな症状の改善方法ってあるの?

■生理前の体調不良、妊娠や、風邪、PMSの見分け方

ある日気づくとイライラしたり落ち込んだり、腰痛やめまいがする。
この不調の原因はなんなんだろうって思ったことないですか?

まず思いつくのは風邪。
でも咳も鼻も熱もないし、なんだか毎月っていうのも変。

次はストレス。
でも腰痛とかめまい・・?これもないな。

もしや妊娠!?は、絶対ない。
なんて思いあぐねている間に生理がやってきて忘れてしまう。

毎月こんなことしてませんか?
もし、毎月生理前に体調に変化があるようなら、PMSかも。

基礎体温を測ってみて、そこに体調の変化を書きこむ。
もし生理前に集中するようなら、記入した表を持って婦人科へ行きましょう。

生理周期にリンクしておこる体調不良なら、
PMS(月経前症候群)という病気の可能性が 高いです。

ホルモンバランスに関係した病気なので、
婦人科を受信すれば、PMSかどうかの診断はすぐにしてくれます。

そしてPMSだと診断されれば、薬を処方してくれたり、
色々と治療方法の提案をされるので
ライフスタイルに合わせた治療をしていきましょう。

■ピルで改善されるって本当?効かない人もいるみたい

婦人科での治療方法で代表的なものの一つに「低容量ピル」があります。

これは、本来月経困難症や子宮内膜症などの治療に処方されますが、
卵巣ホルモンの変動を抑える効果が、PMSの症状緩和にも効果的なんです。

PMSの原因ははっきりしていませんが、ホルモンバランスが関係しているようです。
ピルにより、卵巣ホルモンの変動を抑制することで、バランスが取れ、
PMSのいろいろな症状の緩和につながるとされています。

また、ピルには嬉しい副効果もあります。

・生理が定期的にくる
・生理痛が緩和される
・貧血の改善
・ニキビや肌荒れの改善

ピルは薬によって体内の周期を強制的に正します。
そのため周期も安定し、出血量も減少します。

周期が安定すれば予定も立てやすくなり、
出血量が減れば子宮の伸縮による生理痛も緩和されるんです。

また、体内の周期が一定になるということは、
肌のターンオーバーも整えられるのでニキビなどにも効果があります。

現在日本では、数種類のピルを認可しています。
効果は同じですが、内容成分のちがいや、薬の聞き方のちがいがあります。

もし初めに処方されたピルがきかなかったとしても、
ほかの種類のピルを試してみる価値は十分にあると思います。

これは、市販の鎮痛剤でも合う合わないがあるように、
効果は同じでも薬によって体質への合う合わないがあるからです。

もちろん、ピルそのものが合わない人もいます。
そういった人には、別の治療方法があるので心配しないでください。

■ピル以外で効果のある薬って?

ピルが効かない、もしくは妊娠を希望するのでピルは使えないなど、
理由があってピルでの治療が出来ない人もいます。

そんな人には、対処療法、もしくは漢方薬治療を行います。

・対処療法
頭痛、腰痛、関節痛などの痛み・・鎮痛剤
ひどいむくみ・・利尿剤
貧血によるめまい・・鉄剤
イライラや気分の落ち込み・・抗不安薬、精神安定剤

・漢方薬
加味逍遥散、温経湯・・イライラ、不眠、疲れ(体力の無い人向け)
桃核承気湯、桂枝茯苓丸・・イライラ、不眠、のぼせ(体力のある人向け)
半夏厚朴湯・・動悸、めまい、気分がすぐれない

対処療法は、各症状の緩和を目的とした治療で、根本の改善にはなりません。
あまり常用すると依存症になる可能性もあるので注意が必要です。

漢方薬は、体質改善を目的としているので、
効果を実感するまでに最低でも1ヶ月は服用を続けましょう。

また、同じ症状改善を目的とした漢方はたくさん有ります。
効果がなかったからといって漢方があわないわけではありません。

漢方専門の調合師さんに相談するなどして、
いろいろと試してみるのもいいかもしれません。

■薬以外で効果的な方法は?

今までに上げた治療方法は、何かしらの薬を使った治療になります。

では、なるべく薬を使わないで治療したい。
薬以外にも、できることがあるならしたいという方のために、
セルフケアの方法を幾つかご紹介しましょう。

・ハーブティー
イライラや不眠、痛み止めなど、漢方と同じように
ハーブにもそれぞれもっている効能が有ります。

ハーブティーとして飲むことで、香りと成分の溶けたお茶から、
その効果を取り込むことが出来ます。

もし他の薬を飲んでいる場合、
飲み合わせに注意が必要なこともあるので、気をつけてください。

・アロマ
ハーブティーと同じですが、こちらは服用しません。
アロマオイルをたく、お風呂に入れる、アロマ湿布など、
香りをかぐことで気分を落ち着かせたり眠りを誘う効果が有ります。

・食事
ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムなど、
PMSの症状緩和に重要な栄養素を含む食事を心がける。

あまり油っこいものや、味付けの濃いものは控えて、
バランスのいい食事をきちんと摂るようにしましょう。

・運動
運動と言ってもスポーツというほどではなくてもいいです。
軽く散歩する。体操をする。ストレッチをする。
その程度の軽い運動で十分です。

血行が良くなり、むくみや腰痛、頭痛の改善になり、
気分転換することで、精神的な症状の緩和にもなります。

こうしてみると、自分でできることも結構有りますよね。

病院での治療と併用して、
普段の生活の中でも少しずつ改善できることはしていく。

そうすることで、すこしでも快適に生活できるようになるといいですね。

PMSは病気です。
病気はきっと治ります。
時間はかかりますが、あきらめないで治療していきましょう。