下腹部痛対策を教えて!生理前にひどい下腹部痛が起こるのはなぜなの?

■生理前の下腹部痛の原因は妊娠?妊娠以外は?

生理前、下腹部が痛くなることってありますよね。
チクチクしたり、鈍痛うがしたりすると「あぁまた生理がくるのか・・」と憂鬱に。

でも妊娠をしても下腹部痛が起こります。
それは、子宮がこれから大きくなる赤ちゃんのために、
子宮を広げようとしているからなんです。

同じ生理前の下腹部痛ですが、妊娠が原因なら時期が来ればわかります。
では、妊娠以外での下腹部痛の原因ってなんでしょう。

・便秘
女性は男性に比べて便秘になりやすいといわれます。
生理前は体がむくみやすくなるので、腸もむくんで便秘になりやすくなります。

便秘になると、便が詰まって下腹部が痛くなる他に、
悪玉菌の影響でガスが溜まり、そのせいで下腹部が張って痛くなることも。

・子宮内膜症
子宮内膜が傷つき、生理のたびに傷は悪化していきます。
生理が近づき子宮が内膜を剥がそうと伸縮すると、
そのせいで傷が動いて痛みが発生します。

生理のたびに傷はひどくなるので、
痛みは徐々にひどくなっていくんです。

・子宮筋腫
子宮の筋肉部分に良性の腫瘍ができる病気です。
これも子宮内膜症と同じで、生理のたびに症状がひどくなる病気です。

・月経前症候群
PMSとよばれる病気で、症状は様々です。
下腹部痛も症状の一つで、生理が始まるとぴたっと痛みがとまるのが特徴です。

いかがでしょうか。
大体のものは生理のたびに痛みがひどくなっていくので、
耐えられなくなったり、おかしいと感じて病院へ行く人がほとんどです。

しかし最後の月経前症候群に関しては、
症状が下腹部痛だけじゃなく、毎回同じような症状が起こるわけでもありません。

そのため、なかなか病気だと気づきにくい病気なんです。

そこで、この後はなかなか気づかないPMSについてご説明していきましょう。

■PMSとは?

まずは、PMSについてご説明しましょう。

月経前症候群という名の通り、生理前のいろいろな不調を言います。
そうして生理が始まると、もろもろの症状はぴたっとやんでしまいます。

症状は、頭痛、腰痛、むくみ、疲れ、食欲増加と言った体の症状から、
イライラ、不安、落ち込み、不眠といった心の症状までいろいろ。

困ったことに、PMSのはっきりとした原因はわかっていません。
ただし、ホルモンのバランスが関係しているということはわかっているようです。

女性ホルモンは、卵巣ホルモンと黄体ホルモンにわかれます。
この、黄体ホルモンが生理前になると減少して、体の各部に不調を起します。

自律神経に変調をきたし、体に痛みや不快感を与える。
脳内伝達部質に影響を及ぼし、満腹感や幸福感を阻害する。

全て、ホルモンバランスの影響と言えます。

またPMSの症状は、その時の体調や心理状態によっても変わります。
なので、毎回同じ症状が同じように起こるわけではないんです。
それが、PMSだと気づかれない一番の理由かもしれません。

生理前になると体のどこかに不調を感じる。
生理前になるとイライラして八つ当たりしてしまう。

生理前になると・・と思い当たることがあるときは、
ぜひ一度婦人科を受診してみてください。

■治療方法は?

婦人科でPMSだと診断された時、どんな治療があるのでしょうか。

・低容量ピル
これは、避妊薬として知られていますがれっきとした治療薬です。
子宮内膜症や月経困難症などの治療に使われます。

ホルモン量を調整して、体の生理サイクルを一定にする役割があります。
ホルモン量を調整するので、ホルモンバランスの影響で起こるPMSにも効果的。
しかもPMSの治療をしながら生理異常を改善したり、肌トラブルも解決。

・漢方薬
漢方薬は、体質の改善を目的としているので、効果が現れるのに時間がかかります。
最低でも1ヶ月は飲み続ける必要があります。

ただし、天然の成分なので副作用はほとんど心配がいりません。
アレルギー体質の方でも、それを考慮した漢方を調合できるので、
ほとんどの方に服用が可能と言えます。

・食事治療
病院での制限食のようなものではなく、
PMSの改善や、症状の緩和に効果の期待できる栄養素を積極的に摂るようにします。
サプリなどでも補助食として使用することがあります。

症状が多岐にわたるPMSですが、
治療方法は至ってシンプルなものばかりです。

もし気になる症状があるようなら、
気楽な気持ちで一度診察を受けてみてください。

■普段の生活で気をつけることは?

もしPMSの治療を始めたとして、
その効果が実感できるのは次の生理前ということになりますね。

通常の病気なら常に症状が起こっていることがほとんどなので、
薬の効果も日々実感できるものですが、
PMSの治療の場合はそういうわけには行きません。

そこで、治療を進めると同時に、
普段の生活でも少し気にかけておかなくては行けないことをお話します。

・ストレスを上手に解消できるようにしておく
ストレスは、ホルモンに大きく影響します。
そのためPMSの症状の強弱にも影響を及ぼします。

本当はノンストレス生活が遅れたらいいのでしょうが、
現代生活をおくる上で、それは不可能と言えますよね。

そこで、PMSの前からでも、PMS中でも、
上手にストレスを解消する方法を見つけておくことが大切です。

スポーツでも、おしゃべりでも、読書でもなんでもいいです。
これなら気分転換になるということを幾つか用意しておきましょう。

・質のいい睡眠を心がける
夜10時から深夜2時までは、成長ホルモンが最も活発になる時間です。
この時間帯にぐっすりと眠れていると、疲労も抜けて体調も整います。

PMS期間だけ心がけても体内時計が狂ってしまい逆効果なので、
日頃から規則正しい生活を心がけて、
きちんとした眠りにつくように習慣づけておきましょう。