吐き気がひどすぎて喉がイガイガする|生理前のひどい吐き気に何か対策はないの?

■生理前になると喉がイガイガしたり、吐き気がしたり寒気がしたりゲップが・・これって諦めるしか無い?

まず発生する時期はさておき、
喉の違和感、イガイガしたり吐き気が起きたりというのは、
「ヒステリー球症候群」という病気の可能性があります。

自律神経の不調によって、喉に何かが詰まったような不快感を与えます。

自律神経の不調を引き起こす原因はいろいろありますが、
この病気の場合はストレスです。

なので、風邪でもないのに喉に違和感があるときは、
仕事をセーブしたり、休暇をとってリラックスするなど、
ストレスの軽減が必要になります。

ストレスが緩和されると、徐々に自律神経も本来の動きに戻るので、
喉の違和感などの不快な症状も落ち着いてくるはずです。

人によっては、一晩ぐっすり眠るだけで収まる人もいるので、
自分なりのストレス解消法を見つけることが大切ですね。

■生理が収まるとその症状が収まるならPMSかも。

さて、この喉の違和感が毎回生理前に起こって、
しかも生理開始とともに緩和するのであれば、
PMSの症状の一つの可能性があります。

といっても、不調が起こる理屈は同じです。
自律神経の狂いによるヒステリー球が起こっているんですね。

ただ違うのは、この自律神経の狂いが、
ホルモンバランスと同調して起こっていることです。

もちろんストレスも関係してくるとは思いますが、
生理前のホルモンの変動により自律神経が狂わされ、
結果、ヒステリー球の症状がでてしまっているんですね。

なので、もしPMSの症状の一環であるならば、
治療すべきはヒステリー球症候群ではなく、PMSということになります。

また、もしPMSであるとするならば、
同時に複数の症状がでている可能性もあります。

これから上げる症状は全てPMSの症状です。
もし、喉の違和感の他に当てはまるものがあれば、
ぜひ婦人科へ行って、くわしく診断をしてもらってください。

■PMSに含まれる他の症状

喉の違和感の他に、PMSとしての症状にどんなものがあるのでしょうか。

・身体的な症状
頭痛、腰痛、関節痛、胃痛、便秘、下痢、むくみ、めまい、疲れなど

・精神的な症状
イライラ、落ち込み、不安、恐怖、不眠、倦怠感、うつ状態など

PMSとは、体にも心にも症状がでてしまう病気です。

生理前になるとイライラして八つ当たりをしてしまう。
なんだかわからなけど気分が塞ぎがちになる。
重症化すると、死にたいなどのうつ状態を引き起こすこともあります。

また、頭痛、腰痛などで朝起き上がれないことや、
めまいや疲れから出先で倒れてしまうなどということも。

PMSのはっきりとした原因はわかっていませんが、
体内のホルモンの増減が影響しているといわれています。

ホルモンの分泌により、他の神経伝達物質も影響を受け、
幸福感が持てない、痛みに敏感になる、血流が滞るなどして、
様々なところに不調をきたしてしまいます。

またこの病気の困ったところは、
その時の体調や精神状態によって、病状も、その重症度も変わるということです。

毎回同じような不調が続くのであれば判断もつきやすいですが、
ひどいと毎月症状が違う、先月は対して気にならなかったのに、
今月は起き上がれないなどということもありえるわけです。

なので、もしここの症状がどうというよりも、
生理前になると、決まってどこかしらの調子が悪いということがあれば、
ぜひ一度、PMSの診断を受けたほうがいいかもしれません。

今抱えている症状の根本的な原因は違うかもしれないですから。

■吐き気のするタイミングによって対処が違う

仮に喉の違和感や吐き気がPMSの症状だとしても、
やはり不調は不調として、対処していきたいですよね。

そこで、治療ではなく、対処方法をお教えします。

・空腹時に吐き気が起こる
胃液が胃の中でたまっているので、ムカムカして吐き気がします。
そんな時は、あまり糖分やカロリーのないものを少し食べるといいでしょう。

ビスケット1枚、おせんべい1枚、カロリーメイト1個など、
食事にならない程度のものを摘んで、
胃液を使ってしまわないと、胃酸による吐き気は収まりません。

・満腹時に吐き気が起こる
単に食べ過ぎというわけではないのに吐き気が起こる。
妊娠をしているわけでもない。

ゲップを伴う吐き気の場合、幽門狭窄症の疑いもあります。
胃の入り口が狭く食べ物が流れ落ちない状態です。

幽門狭窄が出来る原因に腫瘍があげられることから、
もし満腹時にゲップを伴う吐き気がある場合は、病院へ行きましょう。

生理前は食欲が増すこともあります。
いつも食べている量よりも明らかに多い量を欲するときは、
少し間隔をおいて、少量づつ食べるなどしましょう。

暴飲暴食による胃酸過多は、胃にも喉にもよくありません。

肩こりが生理前になるとひどい!なにか効果的な対策ってあるの?

■肩こり→頭痛 頭痛薬飲む→胃痛→腹痛→下痢のエンドレスループ・・・

生理前とか関係なく、肩こりがひどい時って頭痛もしちゃいますよね。

これが生理前ともなると、薬を飲んでも全然頭痛が治まらない。
それどころか薬のせいで胃が痛くなってお腹を下す。
この悪循環から何とか逃げ出したいのにどうにも出来ない。

下痢と止める?胃痛を治す?頭痛薬をかえる?肩こり緩和?
いったいどこから手を付けたらいいのやら・・

ここで一つ重大な注意点を。

肩こりが酷い、頭痛がひどい、胃痛がひどいからと鎮痛剤に頼りきっていると、
だんだん鎮痛剤が効かなくなって来ます。

そこで起こるのが、鎮痛剤の増量ですよね。
通常量で効かないから1錠増やしてみる、間隔を短く飲む。

こうすることによってどんどん体内に鎮痛剤に対する耐性が出来ます。
やがては「薬物乱用頭痛」と言って、
鎮痛剤の効かない頭痛が慢性的に起こるようになっていしまいます。

こうなってしまうと他の症状にも鎮痛剤が効かなくなってしまうので、
肩こりや腰痛、胃痛なども対処が難しくなってしまうのです。

そもそも、生理前に限って肩こりからの痛みのループに陥るなら、
治療すべき原因は、肩こりでも頭痛でも無いかもしれません。

PMSという、生理前の不調を引き起こす病気のせいかもしれません。
婦人科に行くときちんと診断してくれるので、
薬物乱用頭痛などを引き起こす前に受診をおすすめします。

もしPMSだと診断された場合、まず処方されるのが「低容量ピル」です。
以下は、その低用量ピルの説明をしていきましょう。

■トリキュラー28 低用量ピルの副作用は?血栓ができるって本当?

今、通販でも取り扱いのある「トリキュラー28」ですが、
そもそも低用量ピルって処方薬ですよね。
副作用とか、服用の注意とか無いんでしょうか。

トリキュラーにかぎらず、現状の日本で取り扱われている低用量ピルは、
血栓の発生確率は、0.1%といわれています。

これは、健康な女子全体の割合ではなく、ピル服用女子での割合です。
女子全体で言えば、もっと低い確率になるんです。

ただし、血栓が出来る可能性は否定出来ないので、
ピルを服用する際に、禁煙をする、高血圧の人は服用できないなど、
細かな注意が必要となっています。

そして気になる副作用ですが、思いにあげられるものが、
腹痛、胃痛、下痢、などの消化器系のものが多いです。

他には、頭痛や乳房痛、吐き気やだるさなどもありますが、
これは妊娠初期に起こる「つわり」のような症状で、
ピルにより急激に増えた女性ホルモンの影響と考えられます。

実際につわりのような不快感は、2シート目以降感じない人がほとんどです。

また、副作用についても2シート、3シートと飲み続けるほどに、
軽減されていくことが報告されています。

ただ、あまりにもひどい副作用や、どうにも我慢が出来ない状態であれば、
ピルの種類をかえる、ピル自体の服用をやめるなど対処が必要です。

■ピル以外のPMS治療方法

婦人科でPMSだと診断された時、まず治療にあがるのがピルだと言いました。
でもピルはイメージが・・という人や、妊娠を希望している、喫煙しているなど、
服用できないケースもありますよね。

そんな時、他にどんな治療方法があるんでしょうか。

1.漢方薬治療
体質や骨格によって処方される漢方の種類はいろいろありますが、
天然由来の生薬効果によって、徐々に体質を改善する治療方法です。

効果がゆっくりと現れるので、長期間の服用が必要ですが、
強制的な効果が無い分、副作用の心配もほとんどありません。

2.食事療法
PMSはホルモンのバランスによって引き起こされる症状です。
そのバランスの乱れを少しでも助ける食べ物を摂ることで、
症状の緩和にもつながります。

大豆製品・・イソフラボンが女性ホルモンと同等の働きをします
穀類・海藻・・ビタミン、ミネラルが症状を緩和します
野菜・・ビタミンを摂るならやはり野菜は外せません

あまり摂らないほうがいいものは、
白米やパスタなどの小麦製品や、カフェイン、砂糖などです。

3.運動療法
PMSの症状にむくみや冷えなどもあります。
頭痛や肩こりなどは、むくみが原因で起こる症状なので、
軽い運動で血行を良くし、むくみを改善することで痛みも解消します。

また、汗をかくことでストレス発散にもなり、
痛みや体調不良で塞ぎがちな気分を発散させるのにも効果的です。

■肩こりの緩和方法

色々とPMSの治療方法をご紹介してきましたが、
なんといっても、「今すぐ肩こりをなんとかしたい!」ですよね。

そこで、PMSとは関係なく、単純な肩こり解消法を教えちゃいます。

・温める
知ってるよといわれそうですが、温める場所がポイント。
タオルを温めたら、首から肩に向かってケープのようにかける。
できたら肘上くらいまでタオルで覆えるといいですね。

・揉む
温めてる上からでもいいですし、その後でもいいですが、
耳の後ろくらいから肩甲骨までを優しく押します。
リンパの流れに沿うようにもんでいくと効果的です。

・肩甲骨まわし
肩こりとは言いますが、実際ほぐすのは肩甲骨です。
そこで背中の中心でりんごを挟むイメージで肩甲骨を動かします。

お風呂でお湯に浸かりながらマッサージをすると、
全身の血行が良くなり、寝付きも良くなりますよ。

肩甲骨回しは、出先でもちょっと出来る解消方法なので、
長時間同じ姿勢でいた時など、ぜひやってみてください。

コリがひどくなると血流が悪くなり、それが頭痛の原因となります。
頭痛が始まるといくら肩こりを緩和しても頭痛は収まらないので、
そうなる前にコリをほぐし、血行をよくするよう気をつけましょう。

貧血対策をしているのに!生理前のひどい貧血どうしたらいの?

■生理痛持ちです。生理前にひどい貧血でよく倒れます。生理前緊張症ってなに?

生理前の不快な症状を「月経前症候群(PMS)」といいますが、
医学書をみると「生理前緊張症」と欠かれているものがあります。
この2つのちがいは何なんでしょう。

簡単にいうと、対象とする症状のちがいです。

生理前緊張症とは、精神的な疾患をさした言い方。
イライラする、攻撃的になる、ひどく落ち込む、気持ちが不安定なるなど

月経前症候群とは、身体的精神的、どちらの症状も合わせた言い方。
近年になって、身体的な症状も出る、身体的症状の方が強い人も多いため、
このように病名が改名されました。

ある人が想像で話されたことによると、
「~緊張症」というのは、男性的な目線の名前だと言います。

生理前に女性がイライラすると、回りにいる男性は被害を蒙ります。
でもどうしてそうなっているのかわからないので、
とりあえずひとくくりに「~緊張症」と名づけてしまった。というのです。

PMSの名前が一般化され始めた今でも、
会社や家族(夫や彼氏)に受け入れられにくいことを考えると、
あながちその人の想像も間違いとは言えない気がしませんか?

生理前緊張症として煙たがられていた病気が、
月経前症候群として、きちんとした地位を獲得した。
次は、PMS女性たちの社会的な認知につながるような気がしますよね。

■長引くPMSは抑えこもうとするピルには頼らない方がいいかも。気長に付き合う方法

PMSの治療に今のところ有功とされているのが「低用量ピル」です。
色々と飲み方や飲む人への注意が必要ですが、
比較的簡単に服用できて効果も高いことから、PMS治療としては一般的です。

ところがこの低用量ピルは、長期間の服用はあまりおすすめしていません。
月経困難症や、子宮内膜症の治療として処方される場合も、
1年をめどに、それ以上の服用の場合は、一度休止期間を設けます。

しかしPMSは体質によるところも多いので、
治療も長期を予定しないといけないということを考えると、
ピルでまずは現状の緩和をして、その後は他の方法で改善を目指す事になります。

そしてこの継続的な治療を続けるためにも、
PMSの捉え方を通常の病気としてではなく、
ある種、自分の体質だと、個性だと認めなくてはなりません。

アレルギー体質の人が、アレルギーは病気で完治できると治療をしていても、
その体質を受け入れないことには、長期間の治療は出来ませんね。
どこかで心が折れてしまうでしょう。

PMSも同じで、注射を打てば治る、薬を飲めば治るという病気ではありません。
長期間の治療は、ゴールの見えないマラソンのようなもの。
途中で挫折しないためにも、まずは病気を受け入れましょう。

そうすると、自分の不調に苛立ったり、落ち込んだりすることが減るはずです。
しかたがないんだと自分を許すことができれば、
ストレスを感じることも少なくなり、徐々に症状も緩和するでしょう。

PMSと戦うのではなく、PMSと共存する。
そうすることで、きっと心が少しずつ軽くなっていくと思います。

■自分でできる貧血対策

貧血とは、体内の鉄分が不足して起こる減少です。
鉄分が不足すると、めまいなどの貧血症状の他に、
気分の落ち込みや重症化すると死にたいなどの深刻なうつ状態になってしまします。

セロトニンやアドレナリンなども生成に鉄分を必要とします。
そのため貧血の人は十分な生成が出来ずに、うつ状態になってしまうんです。

貧血対策としてまずいわれるのが食事です。
ほうれん草やレバーを積極的に食べましょうといわれますね。

その他には、小松菜や海藻類、納豆なども鉄分が豊富です。
そして、吸収率を上げるために、ビタミンCを一緒に取りましょう。

でも、小松菜をたっぷり、ほうれん草をてんこ盛り、なんて食べれません。
そこでおすすめなのが、青汁やスムージーです。

青汁は、今フルーツなどの酵素入りのものがありますね。
スムージーも野菜と果物のミックスされたものがいいでしょう。

もっと言うと、温かくして飲むと冷え対策にもなってなお良しです。

そんなことを言っている私ですが、実は青汁は昔飲んで☓☓☓でした。
PMSのセルフケアとして、決死の思いで飲むと決めて購入。

もったいない思いにかられて一口飲むと・・・美味しいんです!
最近のは本当に飲みやすくなっていて美容にもいいので、ぜひお試しを!

■もっと婦人科を活用しよう

そしてPMS治療といえばやっぱり婦人科ですよね。
どんなにネットでセルフケアを調べても、専門医の知識には負けちゃいます。

そしてこの頃は、どの専門医であっても
「QOL(クオリティー・オブ・ライフ)」を重んじてくれます。

ただ現状を改善するだけではなく、
それにまつわる苦痛などを取り除くなどのケアもしてくれるようになりました。

特に貧血は、「隠れ貧血」とよばれる状態がある可能性もあります。
これは、体内の鉄分が不足しだした時の緊急用の「貯蓄鉄」のことです。

この貯蓄鉄が無いと、血中の鉄分のみで体内を調整しないといけないので、
つねに鉄分を摂取する必要があります。

貯蓄があれば、鉄分の加減に多少は体内で対応できるので、
不足がすぐに体調不良に反映することがなくなるわけです。

ただしこの「貯蓄鉄」の貯蓄量は、特別に検査をしないとわかりません。

なので、鉄分の摂取は気をつけている、サプリで補っているのに貧血がある場合、
病院で「ウェリチン値」の検査を依頼してください。

一般的な貧血検査は、血中の鉄分量を測定するものなので貯蓄量はわかりません。
なので、ケアをしても改善しないようなら、
ぜひ病院で貯蓄量を計測してもらうといいでしょう。

「こんなことで病院なんて大げさ?」
「気にし過ぎだって先生に笑われない?」

こんな心配はいりません。
気になることや、不調があるようなら、ぜひ早めに病院へ行きましょう。
そして、なんでも相談できるパーソナルドクターを見つけてくださいね。

腹痛や下痢がひどい。生理前のこれらの症状に何か対策はないですか?

■生理前の腹痛と吐き気がひどいけど産婦人科で異常なし(妊娠なし)

激しい腹痛と吐き気が起こった時、普通なら内科を受診しますよね。
胃潰瘍とか、最悪がんなんてことも考えちゃいます。

でもこれが生理前になると起こるというのであれば、
女性の場合、婦人科を受診することを選ぶ人もいるでしょう。

妊娠初期の場合、お腹が下ったり、つわりで吐き気がある人もいます。
そんなことも考えて婦人科を受診するんでしょうが、
妊娠はしていなかった。

でも腹痛や吐き気が治まらない。
じゃあいったい原因は何なんだろうって不安になりますよね。

こんな時、ちょっとつらい話かもしれませんが、
一ヶ月間、基礎体温を測ってみてください。

生理の開始日を1日目として、朝起き上がる前の体温を表にしていきます。
その時に、一緒に体調のメモもしてみましょう。

激しい腹痛が起こった日や、吐き気に襲われた日などに印をする。
もし他に不調があるようなら、その体調もちょっとメモしておく。

一ヶ月付けられたら、この表を持ってもう一度婦人科へ行ってみてください。

腹痛や吐き気が生理前に集中していることが客観的に見られることと、
他の不調ももしあるようなら、総合的に診断をしてくれるはずです。

そしてそこで、ひとつの病気を聞かされるかもしれません。
生理前の腹痛と吐き気で考えられる病気を次に説明します。

■原因不明ならPMSかも。

婦人科で判断される腹痛として、まずあがるのが子宮内での異常です。
子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がんなどがありますが、
自覚症状として腹痛や下痢、吐き気などがあります。

しかし検査でこれらの可能性が無いとなると、
次に考えられる病気に「月経前症候群(PMS)」というものがあります。

これはその名前のとおり、生理前に不調が起こる病気です。

起こる不調とは、体の各部の痛みやむくみ、イラツキや落ち込みなど、
身体的にも、精神的にも様々な症状があります。

これらの症状が、生理の10日くらい前から、
生理直前、時には生理2日後くらいまで続きます。

生理が始まるとぴたっと止まってしまうのが特徴的で、
PMSという病気を知らない人や、男性側からすると
生理前の精神的なものと片付けられがちです。

理解を得にくい病気なので、わかってもらえないストレスが、
更に病状を悪化させてしまう可能性もあるとして、なかなか厄介な病気です。

ただし、病気であることは間違いないので、
きちんと病院で診断を受けた場合は、もちろん治療薬もあります。

そのため、もしも生理前に腹痛や吐き気などの不調が続くようなら、
それをふまえて婦人科に診察をしてもらったほうがいいと思います。

■自分でできるPMS判断

一ヶ月基礎体温や体調のメモをとっている間、
他に自分でできるPMSかどうかの診断方法は無いのでしょうか。

病院の診断に比べると確実性にはかけるかもしれませんが、
基礎体温をつける必要があるかどうかの判断くらいにはなると思います。

項目が30~50項目くらいあるものなので、
ここで一個づつ上げるよりもご自身で検索してもらったほうが早いと思うので、
ネットにのっていて、簡単にできるものの名前を3つご紹介します。

・TERUMO
テルモの基礎体温とカラダの悩みにセルフチェックがのっています。

・カラダノート
ここでは、PMS以外にもPMDD(精神的な症状が強い)の診断も出来ます。

・セルフドクターネット
セルフドクターズチェックでチェックしたものをメール送信すると、
詳しい診断結果を返信してくれるようになっています。

お医者様に掛かる前に、一ヶ月の基礎体温を図る前に、ちょっと気になるから、
どんな理由でも構わないので、一度チェックしてみてください。

■PMSからくる腹痛や下痢の対策は?

PMSかどうかを調べる方法は、病院へいけば確実です。
そこで、PMSだと診断された後の腹痛、下痢の対策はどうしたらいいのでしょう?

まず、生理前の腹痛の原因の大変はむくみです。
生理前の体は、妊娠のため栄養や水分など溜め込みやすくなっています。

貯めこむ過程で、腸からも水分を吸収するので便は硬くなり、
便秘になるとガスが発生してお腹が張り、腹痛が起こってしまいます。

もう一つの原因は、プロスタグランジンという物質です。
この物質は、子宮の伸縮を促すもので、腹痛の原因ともなります。
また、その動きが腸にも影響するので下痢の原因にもなります。

下痢は他に、溜め込んだ水分が冷えてしまうのも原因になります。
かといって、水分を摂ることをやめることは出来ませんね。

そこで、貯めこむ体の機能をうまく理解した上でのケアが必要なんです。

・体を冷やさない
溜めた水が冷えないように、体をあたためる必要があります。
温めると頭痛や腰痛などの緩和にも役立ちます。

・卵、肉、乳製品を控える
卵、肉、乳製品はプロスタグランジンのもとです。
生理前はそこまでの伸縮は必要ないので少し摂取を控えましょう。

・DHA、EPA、γリノレン酸をとる
これらの栄養素は、炎症を抑え症状を緩和させる効果があります。
たくさん含まれている青魚、マグロ、鮭などを食べたり、
サプリで補うなどするといいでしょう。

あくまでもPMSが原因の腹痛、下痢の対策です。
先ずは、婦人科できちんと診てもらうことが大切です。

肌荒れケアが効かない!?生理前のひどい肌荒れにはどんな対策が有効なの?

■生理前の肌荒れの場合は産婦人科と皮膚科どっちにいけば良い?

もし肌荒れが生理前にばかり起きるのであれば、
それは婦人科の病気の可能性があります。

よく生理中はニキビが増えるとか、肌質が変わるとか言いませんか?
生理前も同じで、皮膚の問題ではなく、生理との関係があるんです。

肌の再生周期をターンオーバーと言いますが、これは平均で28日周期。
生理周期も、個人差はありますが、平均で28日周期。

この「28日」というのは、体内ホルモンの増幅の周期なんです。

女性ホルモンは主に、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類に分かれます。
生理前は特に黄体ホルモンの分泌が増量される時期です。

黄体ホルモンの分泌が活発化すると、
肌がオイリーになり、毛穴に皮脂が詰まりやすく、
ニキビや吹き出物と言った肌トラブルが起こりやすくなります。

もし常に肌のコンディションが悪い、
ニキビや吹き出物がずっと繰り返されていると言った状態なら、
それは肌そのものの原因で起こっていると考えて皮膚科に行くのがベストです。

しかし先程も言ったように、肌トラブルが生理前に集中するなら、
それはホルモンの影響を受けているので、婦人科の管轄になります。

時期が限定されての肌トラブルなら、一度婦人科へ相談にいってみてください。
きっと治療方法はあるはずです。

■ニキビ対策のサプリや化粧水をつけても効果がないのはホルモンバランスが乱れているから

生理前の肌トラブル対策として、サプリや化粧水をつけても効果が無い。

それは、ホルモンバランスが原因の肌トラブルですから、
体内のホルモンバランスを整えるケアをしないと根本的な解決ではありません。

だからといって、ケアをしても無意味かというとそれはちがいます。
生理前の肌のダメージが出やすい時期だからこそ、
肌ケアはとても重要なんです。

そこで必要なケア方法をまとめました。

・保湿
生理前の肌はオイリーで、そこにさらに保湿用の乳液とか無駄じゃない?
と思って、ひたすらドライにしようとケアしたりしてませんか?

オイリーになるのは、肌の中に水分が足りないから。
それを油分で補っているだけなんです。

オイリーな時こそ、十分な保湿ケアが必要なんです。
そして気になるようなら、あぶらとり紙で油分は軽く拭き取りましょう。
ゴシゴシやると肌が傷ついてしまうので、優しくが基本です。

・紫外線対策
肌が敏感になって、過剰な皮脂の分泌が肌トラブルの元になっているので、
当然、肌を刺激する紫外線対策も入念に。

この時期紫外線を浴びすぎると、あっという間に黒ずみとして残ってしまうので、
ニキビなどの肌トラブル以上に厄介な結果になってしまう可能性もあります。

・新作を試すのは生理後に
新しい化粧水、乳液、化粧下地やその他化粧品を使いはじめるのは、
生理後の肌が安定してからにしましょう。

肌が過敏になっているところで、今までと違う成分が入ってくると、
過剰反応する可能性もあります。

肌のコンディションが悪くなることで、
本当は肌にあっていたのにだめなんだと使えなくなってしまうことも。

これらを気をつけて、生理前のお肌を大切に守りましょう。

■生理前と肌トラブルに共通する病気

生理前のホルモンバランスが、肌トラブルの原因と分かりました。
実は、この生理前の肌トラブルには、他の病気が隠れているかもしれないんです。

生理前、肌荒れに注意がいってしまって、
同じ時期に繰り返す、他の症状はありませんか?

例えば、頭痛、腰痛、むくみなどの体の不調や、
イライラ、落ち込み、不安などの心の不調はどうでしょうか。

もし肌荒れと同時期にこれらの症状が起こるようなら、
「月経前症候群(PMS)」という病気の可能性もあります。

この病気の症状は様々で、一般的なものとして、
身体的症状・・腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、不眠など
心理的症状・・いらだち、落ち込み、不安、恐怖など

体にも心にも症状が出る、それがPMSという病気なんです。

はっきりとした原因はわかっていませんが、
ホルモンバランスが関係しているということは確実なようです。

そして、肌荒れもそのホルモンが関係していますよね。
なので、生理前の肌荒れはただの肌荒れとちがい、
PMSの症状の一つと考えられなくもないということです。

なので、もしも肌荒れと同時に他の不調があるのであれば、
PMSを疑って、すぐに婦人科を受診することをおすすめします。

■PMSからくる肌荒れの対策

もしもあなたの肌荒れがPMSの症状の一つなら、
PMSの治療をしないと肌荒れは改善されません。

そこで、特に肌荒れの改善にいいPMSの治療法をご紹介します。

・水分をとる
PMSの症状にむくみがあると言いましたが、このむくみを摂るためにも、
水分は積極的に摂るようにしましょう。
それも冷水ではなく、できたら常温が温かいお茶がいいでしょう。

・軽めの運動
水分をとっても動かなければむくみにつながり、むくめば肌の代謝も落ちます。
ストレッチやマッサージでもいいので、軽い運動を取り入れましょう。

そうすることで血行が良くなり、代謝があがり
むくみ改善やターンオーバーが活性化されます。

・質の良い睡眠
PMSの症状に不眠がありますが、良い眠りは良い肌づくりの基本です。
特に夜20時から深夜2時までは、成長ホルモンが分泌されるので、
肌のターンオーバーも一番活性化する時間です。

この時間にぐっすりと眠ることが、肌ケアには大切なことです。
寝付きが悪ければ、ラベンダーなどの香りを枕元に置いて、
気持ちをリラックスさせるといいかもしれません。

これらは自宅で簡単に出来る方法です。
次は、病院を受診して処方してもらう方法です。

・低用量ピル
ホルモンバランスを整え、増幅を緩やかにしてくれます。
副効果として、定期的な生理や生理痛の軽減などが挙げられますが、
実はホルモンが整うので、肌ケアにも最適なんです。

・漢方薬
市販でもてにはいりますが、市販品は処方品の50%程度の成分しか配合されていません。
効果をなるべく速く、確実に実感したいのであれば、
漢方薬局で処方してもらうのが一番です。

いかがでしょうか。
唯の肌荒れが、実は婦人病が隠れていたなんて驚きですね。

一度ご自身の肌荒れの状態や、それ以外の不調をメモしてみて、
傾向を見てみるのもいいかもしれません。

そして肌荒れとともに他の不調も起こっているならば、
一度婦人科の診察を受けることをおすすめします。

根本理由をきちんと抑えて、的確なケアをしましょう。

ひどい腰痛が生理前になると起こる|なにか対策はないの?

■PMS持ちです。腰痛が酷く、下着やズボンを履くことも激痛が・・

PMSの症状の一つに「腰痛」がありますね。
ぎっくり腰のような、ビリっと電気が走る痛みも有りますが、
腰全体がぼやっと重だるい痛みを感じる人もいますね。

腰痛がひどくなると前かがみになることが難しいので、
洋服の脱ぎきや、歯磨き洗顔、食器洗いや調理など、
生活のあらゆるところに支障がでますよね。

でも骨がずれたり筋を痛めたわけではないので、
コルセットをしてもあまり効果がありません。

そして困ったことに、市販の鎮痛剤は、
あまり腰痛には効かないということなんですよね。

薬が効かない、でも生理前の数日のことだからと無理をする。
我慢強い人ほど、症状は重症化していきます。

洋服が着られないどころか、無理がたたって、
朝布団から起き上がれないなんてことにもなりかねないんです。

どうせ無駄だとあきらめないで。
痛みは体のSOSです。
きちんと向き合って、治療していきましょう。

■ピルを処方されたけど副作用で血栓ができてしまった。

ひどい腰痛はPMSから来ていることはわかっている。
だから当然PMSの治療をしますよね。

婦人科で処方される薬として、ピルは代表的なものです。
ホルモンバランスを整え、生理周期を正常にし、PMSの緩和にも効果的。

ただし、ピルの服用には注意が必要です。
喫煙者や高血圧の人はピルの服用は出来ない場合があります。
その理由が、血栓です。

喫煙者はニコチンの影響で血管が細く、喫煙期間が長いほど、
血管の伸縮力も弱く硬い血管である可能性が有ります。

ピルの服用3ヶ月くらいの間に、人によっては血栓が出来る場合もあります。
その場合の、症状の重症度が喫煙者や高血圧の人にはひどくでてしまうのです。

ただ、血栓が出来たからといって、すぐに血管が詰まってしまうわけではなく、
血栓ができはじめた頃に起こる違和感の時に処置しておけば、
最悪のケースにはならずにすむ問題です。

また、ピル=血栓と思われがちですが、
その割合はたいして高くはありません。

その割合は、女性1万人に対して、ピルの服用のない人は1~5人、
ピル服用者の発症は3~9人の発症と低く、
むしろ出産後の40~50人の確率のほうがよっぽど高いと言えます。

そうは言っても、血栓が出来てしまったらピルの服用は中止です。
もしPMSの改善に効果を発揮していたならとても残念ですね。

そこでピル以外の腰痛の緩和方法をご紹介しましょう。

■漢方薬を飲んでみる

病院での治療薬として、ピルが飲めなくなると漢方薬を処方されます。
漢方薬は、自然界の植物や鉱物から作られた天然生薬なので、
副作用の心配がほとんどありません。

ただし、まれにお腹がゆるくなったり、トイレが近くなることがあります。
また、自分にあう漢方を見つけるのが大変で、
効果を実感するのに、最低1ヶ月が飲み続けなくてはいけません。

しかし自分にぴったりの漢方が見つかり、
継続的な服用も問題ないなら、PMSの改善にはかなり有功です。

というのも、漢方は体質を改善してくれるので、
効果を局所的に絞っていても、体全体のめぐりを良くしてくれます。

これからご紹介する漢方も腰痛緩和としてご紹介はしますが、
腰痛の引き金となるむくみや、むくみを引き起こす要因の改善をしてくれます。

それによって、むくみが原因で起こっていたほかの症状も緩和。
頭痛やお腹の張り、体のだるさなども改善されるというわけです。

あくまで、自身にピッタリの漢方が見つかった場合なので、
もし効果を実感できなかったら、漢方の種類を替えて色々ためしてください。

では、PMSのとくに腰の症状に効果のある漢方です。

・当帰芍薬散
体力がなく、疲れやすい体質の人向け。
むくみ、疲れ、腰痛の緩和に効果的。

・桂枝茯苓丸
体力があり、筋肉質の人向け。
お腹の張り、冷え、腰痛に効果的。

・苓姜朮甘湯
体を温め、腰痛を緩和。
冷えや、頻尿、夜尿症にも効果的。

ほかにもたくさん腰痛に効果のある漢方はあります。
もし漢方薬局で購入するのであれば、関連はないかもと自己判断しないで、
改善したい箇所や、体調を全て話してください。

体はつながっている、それが漢方薬の考え方です。
きっとそれらを全て改善するための漢方を選んでくれるはずです。

■その他の腰痛緩和の方法

ピルや漢方は病院での治療方法ですが、
いつでも出来る、普段からケアできる方法も知っとくといいですよね。

・カイロや腹巻きをする
下着の上から、カイロや腹巻きをすることで
腰まわりが温まり、血流が良くなります。
血流が良くなると痛みが軽減され、むくみのもとも解消出来ます。

・体を締め付けない
ガードルやボディースーツなどは血行を悪くします。
どうしてもという人は、自宅では着用せずゆったりとした服装になりましょう。
ただし冷えはいけないので、夏場でも靴下は履きましょう。

・足湯マッサージ
洗面器に少し熱めのお湯を張り、膝から下をマッサージ。
足湯中は、足元と腰回りの温度差があるといけないので腰にはブランケットを。
お湯にリラックス効果や鎮痛効果のあるアロマを垂らすのもいいですね。

・カルシウムやDHA、EPAを積極的に食べる
カルシウム・・乳製品、小魚、野菜
DHA、EPA・・イワシ、サバ、マグロ、ブリ
これに、血行をよくするネギ類、生姜、根菜を一緒に摂ると効果的です。

他には、最近では知られてきている病院での治療で、
「PMSレス注射」というものがあります。

注射をすると3~4日間、症状が緩和されるというもので、即効性があります。
大体PMSが始まりそうな頃から2~4本くらい定期的に注射することで、
生理前を快適に、穏やかに過ごすことが出来るようです。

主成分がビタミンB6なので、副効果として、
ニキビや肌トラブルの改善などがあるそうです。

もし、なにをやっても改善しないという方がいたら、
ぜひ「PMSレス注射」をためしてみてください。

日頃のケアと、特別な治療、
どちらも行うことで、より改善できるようになるといいですね。

ひどい体調不良で精神不安定も。生理前のこんな症状の改善方法ってあるの?

■生理前の体調不良、妊娠や、風邪、PMSの見分け方

ある日気づくとイライラしたり落ち込んだり、腰痛やめまいがする。
この不調の原因はなんなんだろうって思ったことないですか?

まず思いつくのは風邪。
でも咳も鼻も熱もないし、なんだか毎月っていうのも変。

次はストレス。
でも腰痛とかめまい・・?これもないな。

もしや妊娠!?は、絶対ない。
なんて思いあぐねている間に生理がやってきて忘れてしまう。

毎月こんなことしてませんか?
もし、毎月生理前に体調に変化があるようなら、PMSかも。

基礎体温を測ってみて、そこに体調の変化を書きこむ。
もし生理前に集中するようなら、記入した表を持って婦人科へ行きましょう。

生理周期にリンクしておこる体調不良なら、
PMS(月経前症候群)という病気の可能性が 高いです。

ホルモンバランスに関係した病気なので、
婦人科を受信すれば、PMSかどうかの診断はすぐにしてくれます。

そしてPMSだと診断されれば、薬を処方してくれたり、
色々と治療方法の提案をされるので
ライフスタイルに合わせた治療をしていきましょう。

■ピルで改善されるって本当?効かない人もいるみたい

婦人科での治療方法で代表的なものの一つに「低容量ピル」があります。

これは、本来月経困難症や子宮内膜症などの治療に処方されますが、
卵巣ホルモンの変動を抑える効果が、PMSの症状緩和にも効果的なんです。

PMSの原因ははっきりしていませんが、ホルモンバランスが関係しているようです。
ピルにより、卵巣ホルモンの変動を抑制することで、バランスが取れ、
PMSのいろいろな症状の緩和につながるとされています。

また、ピルには嬉しい副効果もあります。

・生理が定期的にくる
・生理痛が緩和される
・貧血の改善
・ニキビや肌荒れの改善

ピルは薬によって体内の周期を強制的に正します。
そのため周期も安定し、出血量も減少します。

周期が安定すれば予定も立てやすくなり、
出血量が減れば子宮の伸縮による生理痛も緩和されるんです。

また、体内の周期が一定になるということは、
肌のターンオーバーも整えられるのでニキビなどにも効果があります。

現在日本では、数種類のピルを認可しています。
効果は同じですが、内容成分のちがいや、薬の聞き方のちがいがあります。

もし初めに処方されたピルがきかなかったとしても、
ほかの種類のピルを試してみる価値は十分にあると思います。

これは、市販の鎮痛剤でも合う合わないがあるように、
効果は同じでも薬によって体質への合う合わないがあるからです。

もちろん、ピルそのものが合わない人もいます。
そういった人には、別の治療方法があるので心配しないでください。

■ピル以外で効果のある薬って?

ピルが効かない、もしくは妊娠を希望するのでピルは使えないなど、
理由があってピルでの治療が出来ない人もいます。

そんな人には、対処療法、もしくは漢方薬治療を行います。

・対処療法
頭痛、腰痛、関節痛などの痛み・・鎮痛剤
ひどいむくみ・・利尿剤
貧血によるめまい・・鉄剤
イライラや気分の落ち込み・・抗不安薬、精神安定剤

・漢方薬
加味逍遥散、温経湯・・イライラ、不眠、疲れ(体力の無い人向け)
桃核承気湯、桂枝茯苓丸・・イライラ、不眠、のぼせ(体力のある人向け)
半夏厚朴湯・・動悸、めまい、気分がすぐれない

対処療法は、各症状の緩和を目的とした治療で、根本の改善にはなりません。
あまり常用すると依存症になる可能性もあるので注意が必要です。

漢方薬は、体質改善を目的としているので、
効果を実感するまでに最低でも1ヶ月は服用を続けましょう。

また、同じ症状改善を目的とした漢方はたくさん有ります。
効果がなかったからといって漢方があわないわけではありません。

漢方専門の調合師さんに相談するなどして、
いろいろと試してみるのもいいかもしれません。

■薬以外で効果的な方法は?

今までに上げた治療方法は、何かしらの薬を使った治療になります。

では、なるべく薬を使わないで治療したい。
薬以外にも、できることがあるならしたいという方のために、
セルフケアの方法を幾つかご紹介しましょう。

・ハーブティー
イライラや不眠、痛み止めなど、漢方と同じように
ハーブにもそれぞれもっている効能が有ります。

ハーブティーとして飲むことで、香りと成分の溶けたお茶から、
その効果を取り込むことが出来ます。

もし他の薬を飲んでいる場合、
飲み合わせに注意が必要なこともあるので、気をつけてください。

・アロマ
ハーブティーと同じですが、こちらは服用しません。
アロマオイルをたく、お風呂に入れる、アロマ湿布など、
香りをかぐことで気分を落ち着かせたり眠りを誘う効果が有ります。

・食事
ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムなど、
PMSの症状緩和に重要な栄養素を含む食事を心がける。

あまり油っこいものや、味付けの濃いものは控えて、
バランスのいい食事をきちんと摂るようにしましょう。

・運動
運動と言ってもスポーツというほどではなくてもいいです。
軽く散歩する。体操をする。ストレッチをする。
その程度の軽い運動で十分です。

血行が良くなり、むくみや腰痛、頭痛の改善になり、
気分転換することで、精神的な症状の緩和にもなります。

こうしてみると、自分でできることも結構有りますよね。

病院での治療と併用して、
普段の生活の中でも少しずつ改善できることはしていく。

そうすることで、すこしでも快適に生活できるようになるといいですね。

PMSは病気です。
病気はきっと治ります。
時間はかかりますが、あきらめないで治療していきましょう。

ひどい眠気とだるさをなんとかしたい!生理前に食べちゃいけない食べ物や飲み物ってあるの?

■生理前になると、だるい、眠い!

生理前、寝ても寝ても頭にモヤがかかったようだし、
体はだる~い、おも~い、なんてことないですか?

もしもそれが生理前だけに起こっているなら、
PMSという病気のせいかもしれません。

生理中は体温が下がって、腹痛もあって、出血の煩わしさもあって、
体がどんよりとしてしまうのはわかりますよね。

それは生理中で体が忙しく活動しているからだって思いますよね。
でもその生理の前ににこんな状態になるなんてって思いませんか?

これから大変になるのに、
その前からこんな調子じゃやってられないわってなりますよね。

私は仕事をしている間、ほぼ毎月生理休暇をもらってました。
でないと、出勤すら出来ない状態だったんです。

それがPMSまで発症して、
眠気に襲われながらの仕事なんてろくなもんじゃありませんでした。

つまらないミスはするし、まったく集中出来ないし、
キーボードの音が子守唄のように遠くのほうで聞こえる・・
はっ!として意識を無理やり保って仕事する。

そして生理になると会社を休む。
もう、みんなの視線が痛いどころか、居場所がなくなるんじゃないか、
とまで思いましたね。

最初はPMSなんて病気にかかっていることを知らなかったので、
自分の不摂生のせいなんだって思い込んでました。
当然みんなもそう思ってたと思います。

でもあまりにおかしいので病院に行くとPMSだといわれた。
まず、この眠気の正体が病気のせいだとわかってホッとしました。

後は、PMSの治療を行うにつれ、眠気も他の症状の改善していき、
もし眠くなった時の対処法も知ることが出来ました。

もし生理前にひどい眠気に襲われているなら、
病院へ一度行ってみるといいと思います。

ここからは、PMSの説明や私が教わった対処法をお教えしましょう。

■アリナミンとかリポビタンDでなんとかならない理由

眠気が続く、体がダルイ、普段だったらこんな時は
栄養ドリンクをきゅっと一本飲んで乗り切る!なんてこともありますよね。

だいたいの栄養ドリンクは滋養強壮剤で、カフェインが入っているので、
眠気を飛ばすのにも、疲労回復にも効果があるからです。

でも、もしその眠気と倦怠感がPMSの症状の一つなら、
栄養ドリンクではどうにもならないどころか、
逆効果になることもあるんです。

何がそんなにいけないのか。
それは「カフェイン」です。

眠い時、濃い目のコーヒーを飲んだりするのは、カフェインの効果を得るため。
眠気を覚まして欲しくて飲みませんか?

でもカフェインには、
・ホルモンに影響が出る
・自律神経を乱す
・ビタミン、ミネラルの吸収を阻害する
こんな作用もあるんです。

どれもPMS症状を悪化させてしまいかねないことばかり。

特に栄養の吸収を阻害するというのは、
せっかく薬やサプリなどで摂った栄養が全く無駄になってしまう可能性も。

もし、どうしても栄養ドリンクのちからを借りたいというのなら、
せめてカフェインの入っていないものを選びましょう。

■生理前の眠気対策

眠気対策の代表であるカフェインがだめなら、
どんな手を売って乗り越えたらいいのでしょうか。

まずは、睡眠が起こる原因からです。

体は日中は活動していて体温は高い。
夜になって、体温が下がるに従って眠気がやってくる。

ところがPMSのせいで、日中と夜の体温差があまりなくなってしまい、
夜眠りにつきにくく、不眠状態に。
そのせいで睡眠不足となり、日中も睡魔に襲われる事になる。

ということは、夜眠れるようにすればいいわけですね。

夜、きちんと眠れるようにするためには、
・寝る間にテレビやパソコン、スマホをみない
・寝る3時間前までに食事を済ませる
・寝る1時間前までにお風呂を済ませる
・半身浴でいいから体をきちんと温める
・日中も体を冷やさないように気をつける

これらを気をつけて、規則正しい生活リズムを刻めば、
体はそのリズムを覚えて時間になると自然と眠気がやってくるようになります。

そうして朝も起きる時間は同じにして、
起きたらまず日光浴で体内時計のリセットを図る。

これを繰り返していくと、夜の睡眠がスムーズになり、
日中の睡眠不足が多少改善されるはずです。

■いっそ寝てしまえ!

これだけのことをやっても「多少の改善」でしか無いなんて、
とお怒りの声があるかもしれません。

しかし、これにはきちんと理由があるんです。

PMSからくる眠気は、「月経前過眠症」という病名がつくほど重症。
それは、黄体ホルモンの成分のせいなんです。

PMSの原因ともいわれているプロゲステロン(黄体ホルモン)は、
体内で分解されると「アロプロゲステロン」という物質に変化します。

このアロプロゲステロンという物質は、
実は睡眠薬と同じ効果を発揮してしまう物質なんです。

しかもその強さは、睡眠障害の患者さんに処方される薬と同等の効果が。

つまりPMSの症状からくる眠気を抑えるということは、
睡眠薬を飲まされて寝るなと言われているようなものなんです。

なので、どんなに質のいい睡眠を心がけても、どうしても眠気に勝てない時は、
いっそ寝てしまいましょう!

日中の15分から30分の昼寝は、通常の疲労回復にも効果があるほど。
お昼休み、ちょっとご飯を急いで食べて、お昼寝をする。

これだけですが、寝るのを我慢するよりも、
よっぽど健全で効率的な解決になるかもしれません。

仕事中に「ちょっと昼寝してきます」とはいえませんが、
お昼休憩中似なら、ちょっとくらい構いませんよね。

どうしてもって時には、30分睡眠をおすすめします。

ひどい便秘もスッキリ解消 生理前の便秘に効く食べ物やサプリ

■生理前1週間前になると全然お通じがない。

生理前の便秘は、PMSの症状でも代表的なものの一つです。

もともと女性の体は、便秘になりやすい作りをしているともいわれます。
骨盤が広いため、腸がそこに入り曲がりくねった状態になりやすいことや、
筋力が弱く、排便のいきみが弱いことが原因とされています。

さらにPMSで便秘の症状がでてしまうと、
改善も一筋縄ではいかなくなってしまうことも。

まずは、なぜ生理前に便秘になりやすいのか幾つか原因を上げてみました。

・貯めこみ期間
生理前は、体が水分を溜め込もうとする期間です。
なので、便秘の他にむくみなどの症状も合わせて起こることが多いです。

水分が足りない、もしくは、便からも水分を吸い取ってしまうので、
便が硬くなり排泄しにくくなってしまう。

また、水分をためてむくみが起こると、腸もむくみのせいで動きが鈍くなります。
すると、排便がスムーズに行われずに便秘になってしまうんです。

・ホルモンの指示
プロゲステロンというホルモンが、子宮の伸縮を抑制しようと働きかけます。
すると、その近くにある腸にも影響がでてしまい、
腸の伸縮が抑制されて便秘になってしまうんです。

ほかにも、自律神経の不調や子宮の抑圧などもありますが、
わかりやすく作用している原因はこの2つになります。

■下剤を毎回飲むのは危険な理由

便秘が続くと、腸内の悪玉菌が活発化してガスが溜まり、
お腹が張って苦しかったり、痛みを伴うこともありますよね。

おならがくさいのも悪玉菌が原因です。

早く何とかしたいと、まずやるのが「下剤の飲む」。
でもこれ、やり過ぎるととっても怖い副作用が待っているんです。

・下剤依存症
アルコール依存や鎮静剤依存など、●●依存ってよく聞きますよね。
ドラッグ依存なんて、完治は一生無理だとまでいわれるほどの強い依存性です。

下剤にも依存症になる可能性があるんです。

下剤依存性になってしまうと、何が一番怖いかというと、
自力での排便が困難になってしまう可能性があるということです。

下剤の刺激によって腸が活発化するということが常用的になると、
その刺激なしには腸が動かなくなってしまいます。

ここまでひどくなくても、体は刺激に徐々に慣れていきます。
すると、効果を得るにはもっと大量の下剤や、強い刺激が必要になります。
こうしてどんどん下剤の量や強さが強くなっていくのが下剤依存症です。

・大腸メラノーシス
刺激性の下剤の場合、腸へ刺激を与えて強制的に動かすことで、
排泄を促すというものです。

刺激を与え、強制的に腸を動かすわけですから、
当然腸にはそれなりのダメージが残ります。

使用頻度がごくたまにであれば、ダメージは完璧に修復され問題はありませんが、
頻度が多いと、ダメージの回復前にさらなるダメージを追うことになります。

ダメージを受け続けた大腸は黒ずみ、やがてその機能を失います。
こうなることで更に便秘がひどくなってしまうんです。

そしてひどくなった便秘に更に刺激性の下剤で鞭を打つと、
最終的に大腸はその機能を全て失ってしまうことになってしまいます。

下剤はあくまでも対処療法です。
何度も便秘になるようなら、根本治療をするようにしないと、
取り返しの付かないことになってしまうかもしれません。

■薬以外の対処法

下剤は、本当に困ったときの最終手段として取っておくとして、
まずは、自分でできる対処法を行ってみましょう。

・メンタ湿布
お湯にハッカ油(ミントオイル)を数滴垂らし、タオルを浸します。
しっかり浸したらよく絞り、下腹部にあてて温湿布します。

仰向けになって、タオルが冷えないように上から乾いたタオルでおおい、
タオルが冷たくなったら終了です。
老人ホームなどでよく行われる療法です。

・のの字マッサージ
おへそからひらがなの「の」野路を書くようにマッサージします。
メンタ湿布のあとに行うと効果的です。

仰向けになり膝を立てます。そうすることで腹筋が緩み効果が上がります。
両手で優しく20回ほど行います。

・水分補給
便秘の時にはむくみも起こると言いましたが、
そのむくみを気にして水分をとらないでいるのは逆効果です。

朝起きてから、1~2時間ごとにコップ1杯程度の水分補給は便秘に効果的。
マグネシウム・カリウムを多く含む硬度の高いミネラルウォーターが◎。

■お通じに効く食事やサプリ

それでもだめなら、薬をのむ前に食事やサプリで対処しましょう。

ヨーグルト&オリゴ糖
水溶性食物繊維(海藻、果物など)
不溶性食物繊維(イモ、豆、野菜など)

ヨーグルトなどの乳酸菌が腸内で善玉菌として働いてくれるのは有名です。
オリゴ糖はその善玉菌の栄養素になるんです。

水溶性食物繊維は、水分を抱えゲル状になり便を柔らかくする働きをします。
不溶性植物繊維は、原型をとどめつつ腸まで行くと、水分を含み膨張。
そのため便容積が増え、腸を刺激して便意を誘発します。

プルーンは、水溶性と不溶性の食物繊維が50%づつある、
とてもバランスのいい食べ物です。

もし便秘がちならば、ぜひ積極的に食べてみてください。

ひどいむくみ 特に生理前は大変 食べ物やサプリで解消できる?

■生理前の異常なむくみで足がパンパンで恥ずかしい!マッサージやストレッチもいまいち効果なし

生理前になると、体がなんだか重い気がしませんか?
あちこちがパンパンで膨らんでいる。

特に足なんて、デスクのしたで裸足になっていようものなら、
夕方ブーツが入らなかったなんてことも。

私も一時すごくひどくて、押した指の跡がくっきり、靴下の後がはっきり、
足を組んでいたら片方だけが象の足のように。

当然、マッサージやストレッチはやりました。
むくみ用の靴下をはいたり、足を高くして寝たりしましたが、
結局むくんじゃうと同じなんですよね。

でも、生理前症候群っていう病気のせいだとわかり、
治療を進めていくうちに徐々にむくみが改善され、
今は多少のむくみはあっても痛くならないしわからないくらいかも。

もし生理前にむくみがひどいなら、それは病気かもしれませんよ。

マッサージなどの対処療法じゃなく、
病院へ行って、根本治療に切り替えたほうがいいのかもしれません。

■むくむと体脂肪も増える?

まず、むくみと体脂肪には互いを干渉し合うような関連性はありません。
なので、むくむから体脂肪も変化するかというとしません。

水分によるむくみは、体の中に通常より多い水分を貯めこむことで起こりますね。
だから利尿作用のある食事をしたり、マッサージで排出を促します。

体脂肪というのは、体のなかの脂肪の割合のことです。
同じ体重の人同士でも体脂肪が違うのは、筋肉量の違いによって起こります。

家庭用の体脂肪計は、微弱の電気を通してその抵抗で計測します。
なので、足を乗せるところは金属板になっていませんか?

水分は電気を通します。でも脂肪は電気を通しにくいんです。
そこで、片足から電気を流し、反対側に届くまでの時間で
体脂肪率を計測する仕組みです。

これでいくと、むくんでいる状態の時は、体脂肪率は低くなります。

むくみの原因である水分が体内に多いので、通電しやすいからですね。
でも実際の体脂肪にはなんの変化もありません。

もしバランスのいい食事をして、運動もしているのに
体脂肪率が変わらないというのなら、
筋肉の衰えによる可能性があります。

筋肉が鍛えられ筋肉量が増えると、体脂肪率も低くなります。
筋肉が衰えれば、体脂肪量が変わらなくても体脂肪率は高くなります。

筋肉が衰えると、むくみの改善を促す血管の伸縮や
その他臓器の運動にも影響してきます。

むくみを改善するためには、むくみにくい体づくりも重要です。
その体づくりの一つの目安が体脂肪率とも言えるかもしれません。

■筋肉量をふやしむくみを改善するための栄養

特に足のむくみを解消するには、ふくらはぎの筋肉が重要です。
ふくらはぎの筋肉は足にある心臓といわれ、ポンプ作用で下から頭へ
血液をおくる役目をします。

このポンプが弱いと本来血流に乗って送り出される老廃物たちがたまり、
足のむくみを引き起こします。

ということは、ふくらはぎの筋力アップがむくみ改善につながるということですね。

でもふくらはぎの筋肉を鍛えると、足の形が悪くなるから・・
と思っている女性は多いと思います。

それは間違いです。
女性は体の構造上、ふくらはぎの筋力が特出するほどのトレーニングは、
よほど専門的なことをしないとなりません。

なので、爪先立ちでふくらはぎを鍛える、ジムで機会を使って鍛える、
その程度の運動では、子持ちししゃものような足にはならないのでご安心を。

で、せっかく鍛えたふくらはぎの筋肉も栄養がないと維持できませんね。
そこで、筋肉にいい栄養素をご紹介。

・良質なタンパク質
筋肉の主な材料とは、タンパク質なんです。
多く含まれるものは、肉、魚、大豆、牛乳、ヨーグルト、チーズ

・同時に取りたい糖質
タンパク質だけとっていても、そもそものエネルギー源が足りていないと、
せっかくとったタンパク質がエネルギーに変えられてしまいます。
そこで、ご飯、パン、麺類などの糖質(炭水化物)も適度にとる必要があります。

これらをふまえてメニューを例にすると、
朝食には、
食パンと牛乳とバナナのヨーグルトかけ
ご飯、味噌汁、納豆、冷奴、アジの開き

昼食には、
カルボナーラ、サラダ、野菜ジュース
焼きそば

夕食には、
ご飯、ハンバーグ、ポテトサラダ、ポタージュスープ
ご飯、豚汁、お刺身、ほうれん草のおひたし、海藻の中華サラダ

いまあるむくみをすぐに解消するためのサプリなら、
・するるのおめぐ実
・きゅきゅっとスリム
などは、むくみ改善に効果的なカリウムが配合されていておすすめです。

サプリを飲んでむくみに対処しながら、筋肉量を増やして根本を改善しましょう。

■効果的な食事のとり方

むくみ改善のための筋肉量の増加にいい食べ物は分かりましたが、
もっと効果的な方法があるんです。

それは、それを摂取する時間です。

運動後30分以内に良質のタンパク質を摂ると、
傷ついた筋肉が回復しようとしているところに必要な栄養が入るので、
筋肉の回復が早い他に、より筋肉量がアップするんです。

でも、30分以内に先ほど上げたような食事をするのは、現実的に難しいですねよ。

そんな時は、まず必要な栄養素だけ先にとっておく。
という方法があります。

鮭やたらこのおにぎり
サンドイッチやレーズンパン
魚肉ソーセージやプロテイン飲料

これらのものをまず食べる。
これくらいならかばんにちょっと忍ばせておけますよね。

で、お家でゆっくり食事をとったら、一息ついて寝てしまいましょう。

そうすることで、摂った栄養素が全て体力回復に使用できるので、
翌日の筋肉痛や疲れを引きずることがなくなるんです。

生理前のむくみ対策として運動をして、筋肉量を増やしましょうと言いましたが、
体の筋肉量が増えると、ほかの症状の改善にも役立ちます。

運動で気分転換をすれば、イライラや落ち込みの改善に。
つかれてお布団に入れば、不眠対策に。
血流が良くなることで冷えが改善され、頭痛や腰痛の緩和に。

生理前症候群の場合、いつも同じ症状とは限りません。
今ある症状の改善が、他の症状の緩和につながるのであれば、
やっておいて損はないと思いますよ。

むくみを改善、しかも美脚も手に入っちゃうかもしれない。
ぜひためしてみてください。