イライラを抑える薬って市販でありますか?生理中の精神安定剤ガほしいんです

■生理中のイライラを押させる安定剤みたいな薬はありますか?

生理中や生理前など、なんだか些細なことでイライラすることありますよね。
あれって、周りもいい迷惑ですが、本人もつらいものです。

わかっているのに止められないイライラを何とかしたい。
安定剤みたいな薬があればぜひ使いたいですよね。

もちろん婦人科や精神科を受信すれば、
精神安定剤のような薬は処方してくれるでしょう。

でも、そこまで大げさにはしたくない。
精神科ってなんだか響きが・・って人もいますよね。

なんとか市販薬で抑えられる薬があるといいなと思いませんか?
イライラにのみ効果を発揮する薬は無いですが、
生理の諸症状に有功な薬なら、市販されているんですよ。

それが「命の母ホワイト」です。
更年期対策として「命の母A」はよくCMでも見かけますよね。
あれの若い人版みたいな感じでしょうか。

漢方由来の成分配合で、ゆっくりと改善してくれます。
もちろん漢方薬にも、イライラを抑えるものがあります。

当帰芍薬散や加味逍遥散などは、
漢方の中でも特に精神安定用に処方されるもので、
漢方製薬のツムラからも販売されています。

他には、生理中のイライラの原因が鉄分不足である場合もあるので、
鉄剤を飲むのも対策の一つです。

精神的な症状は、回復の基準が明確にないのでわかりづらいかもしれませんが、
最近イライラが少ないな、ママ最近怖くないね、
そんな風にきっとなれるので、自分に合う薬を見つけてください。

■バファリンなどの市販薬でイライラは治る?

生理痛というと、まず考えられるのは「痛み」ですよね。
市販薬も、生理痛薬として販売されているものは、痛みに関するものばかりです。

もちろん、生理中のイライラが痛みによるものなら、
鎮痛剤で痛みが緩和されればイライラも治まりますが、
痛みとは関係ないイライラもありますよね。

もしこんな時に鎮痛剤でイライラを沈めようとするなら、
バファリンはあまり効果がありません。

効果が期待できる市販の鎮痛剤としては、
イブA、新セデスA、ナロンエースなどは鎮静効果があるので、
イライラを抑えるのにも効果があるかもしれません。

これらの中に入っている成分の「尿素」が、
痛みの緩和とともに、気持ちを落ち着かせる効果もあるそうです。

ただし、あくまでも副効果的な要素が強いので、
きちんと抑えたいのであれば、やはり鎮痛剤では効果が薄いと思います。

■イライラを抑えるサプリは?

では、イライラを抑える方法として他に考えられるものといえばサプリです。

ビタミンやカルシウムなど、必要栄養素の補助食として、
沢山の種類のサプリが売られていますよね。

もちろん症状別にも用意されていて、
その中には生理に関するイライラを抑えるサプリもあるんです。

・月見草油
代表的なサプリが「女性のミカタ やすらぎ編」です。
生理に関する心の不調に効果的なサプリ。
他に、体の不調用にすこやか編もあり、両方服用する人も少なくありません。

・葉酸、マグネシウム
妊娠中のおすすめサプリとしてよくいわれれる葉酸ですが、
実は生理前、生理中のイライラ対策にも効果的。
マグネシウムが不足すると鉄分不足同様、気持ちが不安定になりやすくなります。

・セントジョーンズワート
ドイツでは、うつ病患者に処方される処方薬として活躍している成分です。
精神を安定させ、穏やかにする効果があります。

このような成分が主成分となっているサプリを飲むと、
生理中のイライラの緩和になると思います。

他にも大豆イソフラボン、チェストツリーなども有名な成分です。

■イライラしないために

薬やサプリである程度症状が緩和されたとしても、
その時の不安定な気持ちに対応する方法は知っておきたいですよね。

簡単でもなかなか効果のある方法を集めてみました。

・人とあまり接触しない
イライラしているときは、極力人との接触を控えるのが一番。
仕事後の飲み会や、お友達とのランチなど、
揉め事になるとのちのちの関係に響きますのでやめておきましょう。

・早めに寝る
それでなくても生理中は体がだるく、ひどい時は痛みもあります。
無理に遅くまで起きていないで、
色々と諦めを付けて早めに寝るようにしましょう。

・イライラしだしたらストレッチ
大きく深呼吸をするでもいいです。
体をゆっくりと伸ばすようなストレッチで気分の切り替えをしましょう。

・アロマやハーブでリラックス
香りの効果は案外馬鹿にできません。
リラックス効果のあるアロマを寝室やお風呂につかったり、
ハーブティーを飲んでゆっくりと過ごしたりしてみましょう。

生理中のイライラは誰も特をしません。
お薬や自分のできることで少しでも改善、軽減できるといいですよね。

ぜひベストな方法を見つけて、穏やかに過ごせるようになりましょう。

つい旦那さんに八つ当たりをしてしまう|生理前の感情のコントロールが出来ないのはなぜ?

■毎月、生理前になると急におしゃべりが止まらなくなったり、落ち込んだりします。

もともと女性はおしゃべり好きだといわれますが、
生理前になるとそれが特に現れる。

逆に、普段とってもおしゃべりなのに、
生理前になると人と合うことすら億劫になる。

「いつもと違うね」くらいの優しいものならいいのでしょうが、
「人が変わったようだ」といわれてしまうほどの変化だとしたら、
それはもう笑って済ませなくなってしまいますよね。

突然の気分の変化は、自分も困りますが、
周囲はもっと戸惑ってしまうでしょうね。

何がきっかけなのか、なにも原因が無いのに突然落ち込んだりする。
こうして周りに迷惑をかけていると思うと余計に気分が滅入る。

まるで頭のなかで花火が上がったみたいに、
ポンポンと話したいことがはじけて止まらない。

話し足りなくて、誰に話そうかウズウズすると、
もうそれ以外考えられなくなったり。

それらの感情の変化がいつも生理前に起こるのであれば、
その原因は、病気にあるのかもしれません。

■旦那にも不機嫌な態度をとってしまう。対策は?

陽気になったり落ち込んだりは、周囲も困惑はしてもあまり迷惑はかかりません。
ですが、不機嫌になったり、攻撃的な態度はどうでしょう。

普段はなんてこと無い、上手に受け流せるような些細な事が目につく。
そうなるとイライラしだして、しまいには怒鳴りつけるような物言いに。

相手はいつもどおりに接しているのに、それがムカつく。
その話し方が嫌、その態度が気に入らない。

旦那さんに不機嫌な、八つ当たりのような態度をとってしまう。
子供をひどく叱りつけ、時に手を上げていることも。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか。
大好きな人にそんな態度をとる方も、とられる方も傷つきますよね。

よくイライラするときは、一呼吸置くといいとか、
軽いスポーツやお風呂に入ってストレス発散するといいとか言います。

でも生理前のこの情緒不安定な状態は、そんなことで解決できません。
今すぐに出来て、即効性のある解決法は無いんです。

それはなぜなんでしょうか。
この不安定な状態を引き起こしている原因が病気にあるからです。

■原因はホルモンバランスでした。

生理前のこういった精神の不安定な状態は、
「月経前症候群(PMS)」という病気の可能性が高いです。

この病気、生理前になると体のあちこちや心にまで影響して不調を起します。
イライラ、不安、落ち込み、ハイになるのもその症状のうちなんです。

はっきりと、体のこの部分が原因ですというものは無いですが、
ホルモンのバランスが大きく影響しているというのはわかっています。

生理前になると黄体ホルモンとよばれる女性ホルモンが分泌されます。
コレが自律神経に作用したり、神経伝達物質に影響したりするせいで、
身体的、精神的な不調を引き起こしているんです。

症状の例として、
身体的なものは、頭痛、腰痛、神経痛、むくみ、めまいなど
精神的なものは、イライラ、不安、落ち込み、不眠などがあります。

また、一度に現れる症状は一つだけとは限りません。
複数の症状が同時に、月によっても違って起こるのが特徴です。

病気なので当然治療法もあります。
ピルや漢方、注射でPMSの症状を抑えこむなどがあります。

他には、PMSの症状緩和に有功とされている成分を含むサプリを飲む、
必要栄養素を積極的に取り込む食事療法などもあります。

■周囲の理解が必要です。

病気ですから治療をする必要があるわけですが、
ホルモンのバランスを整える、不調の出ない体質にしていく、
コレはとても時間のかかる治療です。

また、治療段階で症状も変わりますから、
今まではイライラと攻撃的だった人が、塞ぎこむようになった。
陽気に暮らしていた人が、布団から出てこれなくなったなんてこともあります。

そのたびに周囲の人は困惑してしまいますよね。
そこで、PMSの治療には、周囲の理解が大変重要なんです。

特に精神的な症状の強い人の場合、婦人科系の病気よりも、
精神科的な治療を行う場合があります。

そうなると、良くない誤解も生じるかもしれません。
それがまたストレスとなり、症状の悪化につながってしまってはいけませんよね。

そうならないためにも、周りに病気のことを正しく理解してもらう。
症状の出そうな頃を前もって知らせておいて、
その期間の言動に対して寛容になってもらうお願いをしておく。

旦那さんや子供など家族は、もっとも直接的な関わりがありますよね。
特に子供が小さい時は大変です。

そんな時は旦那さんに甘えて、なるべく無理をしない生活を心がける。
頼めることはお願いをして、ストレスを溜めないようにする。

PMSが精神的な症状につよく出る人は、
もともと真面目で几帳面な性格の人に多いといわれています。

少しの無理が積もり積もってPMSという形で表にでたのだとすれば、
それは心のSOSだと思って、自分をいたわってあげてください。

そうすることで、旦那さんや周囲の人とも、うまくつながっていけると思います。

今話題のチェストベリーサプリってPMS対策になる?口コミってどうなってる?

■PMS対策のチェストベリーサプリはどれがよい?商品と口コミ一覧

生理前の症状の緩和にいいとされ、人気の高いチェストベリー。
チェストベリーを主成分とするサプリも沢山でています。

そんな人気のサプリメントの皆さんの評価って気になりますよね?

まとめましたよ!
人気のある商品と、それの口コミ一覧です。

・ルナリズム(オーガニックレーベル)
チェストツリーの他に8種類のハーブを配合。
ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンと、
PMS治療に有功とされる栄養素がたっぷり。

20代 OL
PMSだとわかってすぐにこれを購入。
症状は安定しているし、なにより肌荒れがしなくなった。
もう手放せないサプリです。

40代 主婦
ピルはあわなくて、漢方はお腹が緩くなりすぎて断念。
なにかないかと探していてこれを見つけました。
ちょっと高い気もしますが、効果があるので飲み続けたいと思います。

・女性のミカタ(アルコ)
体の症状用の「すこやか編」と心の症状用の「やすらぎ編」があり、
すこやか編にチェストベリーが使われています。
むくみ、乳房の張り、頭痛、冷え性、肌荒れに効果的。

35歳の方
毎回痛み止めを飲んでいて、徐々に薬が効かなくなっている気がしていました。
このままではいけないとサプリを探してこれを見つけました。
薬ほどの効果は無いですが、ずっと飲み続けるならこちらのほうがいい気がします。

28歳のOLさん
ここに来て急に仕事のストレスがひどくなったのかPMSに。
薬には頼りたくなかったので、こちらのサプリをセットで購入。
気持ちも安定して、体調も良くなり眠れるようになりました。

・サトウチェストツリー(佐藤製薬)
有名製薬会社からでているサプリなので、信用性はピカ一。
主成分のチェストベリーの他にも、PMSに効果的な成分がたっぷり入っています。

25歳 OL
10代の頃から生理痛に悩んでいて、仕事を初めてからはPMSも。
一月の半分が憂鬱な時間でしたが、この薬はどちらにも効果的で、
今ではかなり快適に過ごせています。

40代 主婦
イライラや頭痛、むくみに悩んでいましたが、これを飲み始めてからは、
あまり気にならなくなりました。
ただ、一回に4粒飲まないといけないので、ちょっと大変です。

どうでしょうか。
国産の、有名なサプリを3種類集めてみました。

「女性のミカタ」の体と心でサプリが分かれていましたが、
口コミを見てみると、大体の人がセットで購入されているようでした。

まぁ、体にも心にも症状が出るのがPMSの特徴ですから、
当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

■海外のチェストベリーサプリは危険?国内産との違い

先程は国産に絞ってご紹介しましたが、
もともとチェストベリーはヨーロッパで古くから親しまれてきたものです。

女性特有の症状を緩和するために用いられ、
ドイツではきちんと薬として処方されるほど、その効果は認められています。

ならば本場のサプリのほうが効果が期待できそうですよね。
そこで海外サプリと国内産とのちがいを調べてみました。

違い1 内容成分
国によってそれぞれ薬事法があり、薬やサプリに含める成分が決まっています。
チェストベリーは、日本ではそれ単体を薬としては認定していませんが、
ヨーロッパではすでにうつ病の薬などとして認可されています。

違い2 衛生管理
食品の衛生管理などはよくニュースになったりしてますね。
あれは、食品に限ったことではありません。
薬やサプリを作っている現場での衛生管理も同じようなことが言えます。

違い3 人種
すむ地域が違えば食生活も体質も違いますね。もちろん体格も。
サプリといえども、体に影響をおよぼすものです。
その国の人達に一番合うように作られているものなので、
特に欧米諸国の人たちとは、食生活も体型も大きく違います。

同じチェストベリー主成分のサプリだとしても、
その配合量や、その他の成分の種類などで全く効き方が違います。

漢方薬は、その効果よりも
まず飲む人の体質や骨格などを考慮して調合します。

サプリにその微妙な調整は出来ないので、
海外品と国産品の違いはきちんと覚えておきましょう。

■輸入で気をつけること

違いを踏まえた上で、海外品を購入、服用する際の注意点です。

・内容成分に注意する
日本国内で認可されていない成分が含まれている事があります。

また、高血圧や糖尿などの治療薬を服用している場合、
その薬を無効にしてしまう可能性もあります。
配合成分も、その成分の働きも前もって調べた上で購入をしましょう。

・衛生管理の徹底した国のものにする
賞味期限の切れた肉で加工品を作るようなところのサプリは問題外です。
薬ではないと言っても、健康補助剤として効果を期待して飲むものです。
製品に安心できるものを選びましょう。

・チェストベリーの含有量に注意
国内品での上限は40mgとされています。
効果があるからと摂り過ぎてしまうと逆にホルモンバランスが崩れることも。

ただし、あるアメリカの大学教授によると、
人体に影響がでるのは7800mg以上からで、
PMSの改善を目的とした場合の必要量は1200mgである、という話も。

まずは40mgから初めて、あまり効果が感じられなかったら、
徐々に含有量の多いものにシフトしていってはいかがでしょうか。

■他にPMS対策になるサプリは?

チェストベリーの効果は十分わかりました。
では、他にはなにか有功なサプリって無いんでしょうか。

・HINA(ウェリナ)
オーガニックサプリといえばコレ!
有名女性誌にも何度も取り上げられているサプリです。
また、毎日の服用ではなく、生理前7日間だけでいいのも楽ですね。

・イブニングプロムローズ(ヘルシーワン)
月見草オイルでできたサプリです。
月見草は、ホルモンを整えたり炎症を抑える効果があるハーブで、
PMS以外にも、肌荒れやにきび治療にもお勧めです。

他には、南米由来のマカや、女性ホルモンと同等の働きをする大豆、
抗鬱剤としても利用されるセントジョーンズワートなど、
PMSに有功とされている成分はたくさんあります。

サプリは基本的に、毎日、長期間服用しないと効果は実感出来ません。
なので、自分のライフスタイルに合った飲み方が出来、
無理なく購入できる価格のものを選ぶようにしましょう。

薬で生理前のイライラは止められるの?イライラの原因はやっぱり精神的なもの?

■生理前のイライラは命の母の若者用の薬?で治る?

命の母ってCMでよく見かけますよね。
あれは更年期の症状緩和に効果的な薬です。

実は、生理と生理前の諸症状用もあるって知ってました?
その名も「命の母ホワイト」

生理前の不調を引き起こすPMSに効果のあるのは、
この「命の母ホワイト」の方なんです。

更年期もPMSもホルモンバランスが関係していますが、
起こる仕組みが違うので、効果的な成分も違うんです。

命の母ホワイトは、薬ではありますが処方薬とはちがいます。
効果の程は、どちらかと言うと漢方に近いかもしれません。

PMSの治療としてまず候補に上がるのが低用量ピルですが、
ただピルを服用したくない人、服用出来ない人もいますので、
治療方法の選択肢は多いほうがいいですよね。

ましてやピルや処方薬とちがい、命の母ホワイトは市販品です。
毎回の診断の手間を省いて、自身の都合で購入することが出来ます。

診断がいらないゆえに、症状の状態を知るすべが無いのがネックですね。
あくまで自己診断で服用をするか、
自発的に適期検診を行うかのどちらかになると思います。

それでも今までは病院へいかなくてはいけなかった治療が、
市販品で出来るようになったというのは、
PMSの人たちからするとかなり画期的なことといえるでしょうね。

■町医者にいったら「ストレスでしょう」で診察終了・・・

そしてこのPMSの診断は、いわゆる「町医者」的なところでは、
なかなか正しい判断が下せない場合があります。

というのも、PMSの原因がまずはっきりしていないことと、
女性ホルモンが要因となって引き起こされる症状だからなんです。

風邪や胃腸炎のように、原因がはっきりしていて治療方法も確立していれば、
診断を下すのも比較的容易にできると思います。

ところがホルモンや女性の体の仕組みといったかなり専門的な話になると、
やはり専門医でないと正しい診断は出来ないのです。

優秀な外科医であっても、子宮や卵巣といった婦人系の病気の時は、
婦人科医を手術に立ち会わせたり、その部位だけは任せたりするそうです。
それほどに、女性の体というのは専門性の高いものなんですね。

だからもし生理前になると精神が不安定になると町医者にかかって、
原因はストレスですねといわれたところで、間違ってはいないんです。

元にPMSの要因の一つにストレスがあります。
過度のストレスで自律神経が不調になり、体のいろいろなところに異変が。

ストレスを取り除いて、自律神経を正常に戻せば症状も安定する。
間違ってはいませんよね。
でもPMSの根本治療としては、ちょっと当てはまらないんですね。

■生理前の諸症状なら婦人科へ

となるとどうすればいいのか。
婦人科を受診してみてください。

もしも本当に生理前になると不調が起こるというのであれば、
必ず婦人科で原因を特定してくれるはずです。

症状が腹痛だから内科へ行った。
症状が頭痛だから脳神経外科へ行った。

もしもPMSの症状だとしたら、これらの治療は根本治療にはならないんです。
対処治療にしかならないことになってしまいます。

だって、原因はお腹にないし、頭にもありません。
それは、婦人科の専門分野なんです。

イライラするのは短気だから、性格を治しましょう。
これもひとつの治療ですが、それよりももっと適切な治療があります。

PMSという病気は、本当に症状がたくさんある病気なんです。
ただ共通するのは、「生理前に起こって、生理とともになくなる」ということ。

もしご自分の不調がこの期間に当てはまるなら、
まずは婦人科へ行って診断を受けてみてください。

■ひどい時は心療内科へ

もう一つ、候補に上げるとするならば心療内科です。

PMSの症状のうち、心理的な症状が重い人は、
まずは心のケアを優先させなくてはいけない場合があります。

例えば「生きる意味がわからない」「死んでしまいたくなる」
などの心理状態に陥ってしまう人は、
ほうっておくと鬱になり、大変危険な状態になります。

鬱になってしまうと、完治までにとても時間がかかり、
周囲にも大きな影響がでます。

その可能性を秘めていそうなPMS症状の場合は、
まずは心のケアを再優先に進めるために、
婦人科ではなく心療内科や精神科での治療を始める場合もあります。

心療内科や精神科と言うと、悪いイメージのほうが先行してしまうかもしれません。
ですが、最近の精神科の扱いは徐々に変わってきています。

大企業が定期的に健康診断をする際に、
心のケアも定期的に行うようになってきました。

これは、就職後鬱になって働けなくなった会社員が
年々増加しているからともいわれています。

昔の「根性論」がまかり通っていた時は、
精神科に通うなんて弱い人間のすることだといわれてきましたが、
今は、心のケアをすることになんの後ろ指を刺されることもなくなってきたんです。

ですから、もし生理前のイライラや落ち込みが気になるなら、
気楽な気持ちで心療内科や精神科に相談に行ってみてください。

客観的に自分を見つめるいい機会になるかもしれません。

なにもする気が起きない!生理前のうつ状態を改善する方法ってあるの?

■生理前のうつ状態、PMSならピルを飲めば改善すると効いたけど本当?

気分が塞ぎこんでしまって何もする気が起きない。
何かをしようとするたびに、動きが止まってしまう。

こんな状態になるとこって無いですか?

もし生理前になるとこんなうつ状態になるんであれば、
それはPMSという婦人病の可能性があります。

そしてPMSの治療薬として、現在ピルはとても有功だとされていますので、
ピルの服用でPMSの症状が緩和されれば、うつ状態も軽減するはずです。

腹痛や頭痛、吐き気やめまいなど、体に現れる症状は病気として見られますが、
落ち込みや不安などの精神的な症状は、あまり病気としてみてもらえないですよね。

ひどい時には、「やる気がないからだ!」と叱られたりすることも。
それが余計に症状を悪化させるきっかけにもなったりして。

最初のきっかけはPMSの症状だったとしても、
何も治療せずにほうっておくと、本当に鬱になってしまうこともあります。

分からない人には、全く理解してもらえないことかもしれませんが、
この不安定な心理状態もれっきとしたPMSという病気なんです。

ぜひ早急に病院を受診して治療を開始してください。

■低用量ピルのメリットとデメリット

PMSの治療としてピルは有功ですと言いました。
これは紛れもない事実です。

ただし、投薬治療をするからには、
メリットもデメリットもきちんと理解することが大切です。

低容量ピルによる治療の、メリットとデメリットをご説明します。
きちんと理解した上で、ピル治療を選択するかどうか決めてください。

・メリット
ホルモンが安定するのでPMSの幾つもの症状に有功
月経が正常になる(生理周期や生理の出血、痛みの軽減など)
妊娠しない(避妊薬としても処方される)
肌荒れの改善(ニキビや吹き出物、オイリースキンなど)
子宮体がん、卵巣がんの現象

・デメリット
マイナートラブルとして、吐き気、頭痛、下腹部痛など
血栓が出来る可能性が上がる

ざっと上げるとこんなかんじになります。

デメリットにある「マイナートラブル」とは、
一時的に現れる副作用のことで、服用を始めた頃に体が過剰反応を起こすためです。
服用を続けることで体が薬になれ、副作用も治まります。

低容量ピルは、その成分が女性ホルモンでできています。
普段減少しているはずのホルモン量が上がることで、
体は妊娠状態と勘違いをして反応してしまうのです。

しかし飲み続けることでそのホルモン量に体が慣れてくると、
勘違いもしなくなり副作用も起こらなくなるというわけです。

血栓の可能性に関しては、まずピル服用前に、高血圧か、喫煙者かなど、
血栓のできやすい体なのか、もし出来た時にすぐに致命的な事にならないかを
医師からきちんと確認されます。

とはいえ、ピル服用での血栓の発生率は、
20歳以上の女性の1%程度ともいわれているほど低い確率なんです。

これは、交通事故にある確率よりも低いんです。
しかし、万が一のことを考え、ピル服用前にはきちんと確認をしています。

メリットに対してデメリットがとても少ないのも低容量ピルの特徴です。
もし、興味があるならば一度病院で相談をしてみてください。

■うつ状態に効く漢方薬

やはり血栓の心配や、なんとなくのイメージでピルは飲みたくない、
たばこを吸っているからピルは飲めない、という人もいるでしょう。

そんな人には、漢方治療が勧められます。

漢方薬は、自然の植物や鉱物で出来ているので
副作用もほとんど心配ありません。

ただし、ピルのような即効性はなく、
体質を改善しながらじっくりと効果を発揮する薬なので、
最低でも1ヶ月は服用を続けなくては行けません。

それでも構わないというのであれば、
体に無理をさせない薬として、漢方薬はお勧めです。

・女神散(にょしんさん)
比較的体格のいい女性、体力のある女性に処方される
不安症や不眠症、めまい、のぼせに効果があります。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
平均的な体型、体力の人向けです。
イライラ、落ち込み、不眠症などの精神不安定な症状に効果的です。

・抑肝散(よくかんさん)
華奢で、体力のない女性によく処方されます。
イライラ、不安、不眠、のぼせなどに効果的です。

これ以外にも、漢方の種類はとても多くあるので、
漢方の調合師によっては違う漢方を煎じてくれると思います。

個人ごとの症状に合った、その人の体格、体力を考慮した漢方、
まさにオリジナルブレンドを処方してくれると思います。

■うつ状態がひどいときには

PMSの症状の中でも、精神的な症状がつよく現れると、
婦人科だけでなく心療内科の併用を進めるところもあります。

PMSの治療を勧めても精神的な症状に改善が見られない場合や、
あまりに症状がつよく出すぎている場合などは、
精神的な症状に特化した薬を処方されることがあるんです。

抗不安薬や、抗鬱剤、睡眠薬などが代表的です。

精神科や心療内科と聞くと、あまりいいイメージがないかもしれません。
でも今は、企業が社員の体調管理の一環として、
健康診断の他に、メンタルケアを取り入れているところもあります。

独自の診断基準にしたがって、
残業が何時間を超えた人、休日出勤が何日ある人など、
通常勤務外の勤務を行った人には、心療内科医の診断を受けるなどしています。

欧米では、自宅にカウンセラーを呼んでカウンセリングを受ける
なんてことが日常的にあります。

心の状態を第三者的な目で診てもらうことはとても大切です。
客観的に自分を判断してもらえる、それが精神科の分野です。

もし生理前になると気分が落ち込む状態が続いているなら、
一度心療内科を受診してみるのも、治療の一つだと思いますよ。

ひどい落ち込みの対策ってあるの?生理前の不安定な精神状態を何とかしたい!

■特に理由もないけど生理前の落ち込みが酷い。

天気が悪いと気分も晴れない。
仕事でミスをすると自己嫌悪で落ち込む。

気分が塞ぎこむ時って、それなりの理由がありますよね。
でも、生理前はそんなの関係なく、気分が落ち込むこと無いですか?

さっきまですごくいい調子だったのに、突然トーンダウンする。
食事の途中で何にも欲しくなくなってしまう。

生理前にこんな状態が毎回起こるようなら、
それはPMSという病気のせいかもしれません。

よく生理前の女性はイライラしていて近寄りがたいなんて言いますが、
反対にとっても落ち込んでしまう心理状態になることもあるんです。

もしあまりにも落ち込みが激しかったり、
落ち込みがちな時期が生理前に繰り返されるなら、
ぜひ一度、婦人科への受診をおすすめします。

何もせずにほうっておくと、もっとひどい事になってしまうかもしれません。

■何も手に付かない、死にたくなる場合。

気分の落ち込みをほうっておくと大変なことになると言いましたが、
どんなふうに大変になってしまうのでしょうか。

何もやる気が起きない、気分がどんよりと晴れない、落ち込みがちになる。
これらの気持ちの塞ぎこんだ状態をほうっておくと、
うつ状態になってしまう危険性があります。

鬱になってしまうと、やる気が起きないどころか、
生きていたくない、死んでしまいたいと思うようになってしまいます。

きっかけはPMSの症状の一つだったとしても、
ここまで行ってしまうと、婦人科系の治療ではなかなか改善できなくなり、
本格的な精神科の治療を必要とする状態にまで悪化する可能性があります。

PMSであれば長くても2週間程度で一旦症状は治まります。
ところが鬱になってしまうと、治療は長期化し、
日常生活にも大きな影響を及ぼします。

ひどいうつ状態になると、一人での生活もままならないこともあります。
ひきこもり状態になると、ますます症状は悪化します。

ぜひ、このような状態になる前の段階で、
適切な治療を開始して、症状を改善するようにしてください。

■原因はホルモンにあった

では、PMSの段階での治療の説明をしましょう。

まずPMSの原因ですが、はっきりとした原因はわかっていません。
ただし、女性ホルモンの一つでもある黄体ホルモンの増減が
関係していることはわかっています。

黄体ホルモンの影響で、幸福感や満足感を司るホルモンが減少し、
結果、気分が落ち込んでしまうというものです。

この幸福ホルモンが減少することで、満腹感を感じにくくなり、
食欲増加にもつながっていきます。

女性ですから、食べ過ぎると自己嫌悪を感じる方も多いですよね。
そうなると、更に気分が落ち込んでいくという悪循環になります。

そこで、PMSの治療としては、ピル、漢方薬の服用もありますが、
特に精神的な症状の強い人の場合、抗不安薬や抗鬱剤を処方する場合もあります。

これでまず気持ちの落ち込みを止めてからでないと、
すべての治療がうまくいかない、効果が感じられない場合の、
精神的なダメージの軽減を目的としているのかもしれません。

■少しでも気分を上昇させるには

PMSの治療を勧めたとしても、すぐに症状が改善するとは限りません。
そこで、自分でも気分の落ち込みを何とか出来るといいですよね。

不安定な精神状態を安定させる効果のあることを幾つか紹介しましょう。

・カフェイン、アルコールを控える
嫌なことがあるとお酒を飲んで発散!
なんてこともありますが、アルコール依存の危険もあるので控えましょう。

カフェインは精神を緊張させたり不安症を悪化させる可能性があります。
同じ飲むなら、ミルクココアがお勧めです。

・アロマでリラックス
好きな香りを嗅ぐとなんとなく気分が落ち着きますよね。

ハンカチに染み込ませて何かあるとその香りをかぐ。
気分転換にハーブティーでリラックスするなど、
アロマオイルにかぎらず、香りでリフレッシュしてみましょう。

・大豆製品や乳製品でセロトニンを増やす
セロトニンは別名幸福ホルモンとよばれます。
このセロトニンが十分に分泌してくれると精神が安定します。

逆にPMSで気持ちが不安定なのは、このセロトニンが減少しているからです。
そこで、セロトニンと同じ成分の大豆や乳製品を積極的に摂って、
体内のセロトニン量を増やしましょう。

他に、からだは冷えると緊張したり、危機感を覚える傾向にあるようです。
体を冷やさないようにして、暖かくしてゆったりと過ごしてください。

また、良質な睡眠は健全な精神に必要不可欠と言います。
睡眠の質を上げ、心の疲れをきちんと摂ってあげましょう。

取り入れやすいものをご紹介したつもりです。
無理のない程度に実践してみてください。

そして、穏やかに過ごせるようになるといいですね。

真面目な人、神経質な人に症状が出やすいといわれています。
PMSが出る時期だけでも、少し自分を甘やかしてあげてもいいと思いますよ。

ちょっと触れただけでもひどい胸の痛み|生理前になると起こるこの現象に対策はないの?

■生理前の胸の痛み、これって生理痛のひとつの症状?

生理前、胸が張って少し触れただけでも痛くなることありますよね。
通勤で満員電車なんて乗った日には違う意味で胸をガードしちゃいます。

これって生理痛の一種なんでしょうか。
そもそも生理痛って腹痛以外に何があるんでしょうか。

生理痛の症状として認められているのは、
腹痛、吐き気、腰痛、頭痛、熱、下痢、眠気、めまい、便秘、肌荒れ
以上の10種類の症状になります。

なかでも腹痛や腰痛などは一般的にいわれる症状ですね。
「~痛」と名前がつく割に、痛み以外の症状もありますね。

では、胸の痛みは生理痛になるのか?ということですが、
ズバリ、なりません。

というのも、生理前の胸の張りは、体が妊娠に備えて起こる現象です。
生理は妊娠せず不要となった胎盤を体外に排出するのが目的です。

なので、妊娠の準備のために膨らんだ胸は、
生理とともにもとに戻り、痛みも引いていきます。

生理痛とは、生理が原因で起こり、生理中にその症状がでます。
なので、生理前の胸の痛みは、「生理痛」とは違うのです。

■生理痛とPMSの見分け方

そうはいっても、PMSと生理痛のどちらにも共通している症状がありますね。
この場合は、どちらが原因なのかわかりにくいですよね。

でも原因がわかっていないと根本的な治療は出来ませんよね。
PMSの治療と、生理痛の治療ではちがいますからね。

なので、同じ症状でもそれがPMSなのか生理痛なのか、
簡単な判断基準をお教えします。

・PMS
生理10日くらい前から、長くても生理開始2日目くらいまでの症状

生理痛
生理開始から生理終了までの症状

例えば、毎月20日に生理が来るとしますよね。
10日頃からもやもやした腹痛、腰痛、下痢をしだした。
20日になって生理が来て、腰痛と下痢は収まったが、
激しい腹痛、吐き気がひどかった。

この場合、腰痛と下痢はPMSです。
吐き気は生理痛です。

では、腹痛は?
これは、PMSであり、生理痛でもあるんです。

前半のもやもやした腹痛は、PMSの症状です。
後半の激しい腹痛は、胎盤が剥がれ落ちる際の痛みなので生理痛です。

同じ症状でも、現れる時期、痛み方によって区別することが出来ます。
ただし目安程度なので、きちんとした診断は医師にお願いしてください。

■PMSとそれ以外の見分け方

生理痛とのちがいはわかりましたが、
なにも痛みの原因はPMSと生理痛以外ないわけではありません。

特に胸の場合、他の病気が隠れている可能性もあります。
それは、乳腺症と乳がんです。

生理前になると胸が張って痛くなりますが、
それはPMS以外が原因かもしれません。

・乳腺症
母乳を出すための管が炎症を起こし、しこりや痛みを発する。
生理前になると、乳腺に水分を溜め、乳腺自体が変化する。
生理ごとにそれを繰り返すが、
何かのきっかけで炎症を起こすと、乳腺症になってしまう。

・乳がん
乳房の周りにしこりが出来るのが見分け方の特徴。
特に胸の張りが片方だけだったり、形がいびつなときは要注意。

どちらも胸が張ったり痛くなったりしますが、
PMSとのちがいは、「しこり」ではないでしょうか。

もし胸を触ってみて気になるしこりを発見したら、
ぜひ、早急に病院へ行って診断を受けてください。

■胸の痛みの緩和方法

病院へ行くほどのものでもないとしても、
生理前の胸の張りからくる痛みは何とかしたいですよね。

ちょっと何かが触れただけでも激痛が走るほどの人もいます。
そんな時は満員電車、満員のエレベーターなんて地獄のようですよね。
違う意味で胸をガードしてしまいます。

そんな大変な思いから、少しでも開放されるための対処法をお教えします。
簡単なのでぜひためしてみてください。

・下着のサイズアップ
少し触れただけでも痛いのに、普段と同じサイズのブラでは締め付けすぎです。
ワイヤーのない、ソフトタイプのブラにして、
必要ならその時期の胸のサイズに合わせて大きい物を用意しましょう。

・温めてマッサージ
あまりに痛くて熱を持っているときは冷やして置きたいところですが、
ホットタオルなどでじんわりと温めると血行が良くなり乳腺の負担も軽減され、
痛みが引いていきます。

更に優しくマッサージをすると効果的なので、ぜひお風呂では、
湯船につかってやさしくマッサージしてみてください。

・大豆製品を控える
大豆には女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンという成分があります。
これを摂り過ぎると胸への影響が強すぎるので、
張りや痛みがひどい時には摂取を控えましょう。

いかがでしょうか、簡単にできそうですよね。

人前で胸をガシガシ揉むのはいかがなものかと思いますが、
優しく擦るだけでも十分マッサージ効果があるので、
痛みがひどくなってきそうなときはぜひやってみてください。

ひどい胸の張りで痛みまで|生理前のこんな状態に何か対策ってあるの?

■生理前の胸の張りが早過ぎる。これでもPMS?

月経前症候群というのがPMSの和名ですが、
その名の通り月経が起こるまえに体に起こる不調をまとめて言います。

原因ははっきりしていませんが、
女性モルモンの一つである黄体ホルモンの増減が関係しているといわれます。

そのPMSの症状の中に、「胸の張り」もあります。
生理前の体は、妊娠に備えて色々と準備をします。

乳房が張るのは、乳腺が母乳を出すために変化するからです。
水分をためたリ、乳腺が拡張したりするために張りや痛みが生じます。

これらはPMSの人もそうじゃない人も等しく起こる変化ですが、
PMSの人はホルモンの影響で症状がつよくでてしまうのです。

胸はその大半が脂肪で出来ているので、
よくダイエットすると胸から痩せるなんて悩みを持つ人もいますよね。

前回のPMSで過食気味になって、
気にならない程度だとしても体に脂肪が付いている状態だと、
いつもより早めに胸の張りや痛みを感じることがあります。

これはあまり気にする必要のない変化なのでいいのですが、
そうじゃなく、痛みや張りが早い、ひどいということもあります。

そんなことが起こっていたら、
もしかしたらPMS以外の病気の可能性もあるんです。

■生理が来るのは毎月20日前後だったけど今月は5日に胸のハリが・・

PMSの症状にしては時期が早すぎる。
ちょっと心配ですよね。

でも毎月生理前には胸の張りや痛みがあって、
PMSの症状とも一致してるし、今月はPMSが早めにきただけ?

今ある病気の症状と一致すると、他の可能性は考えにくいものですね。
でも、通常よりも2週間も早い症状の現れはどうでしょう。
他の病気の可能性を探ってみましょう。

・排卵によるもの
PMS同様、排卵もホルモンの働きにより起こる現象です。
そのため、ホルモンの影響を大きく受ける時期とも言えます。

黄体ホルモンの影響で起こるPMSと排卵は、
同じホルモンが関係しているので現れる症状も似ています。

けれど排卵による痛みであれば、2~3日で収まっていきます。
一方PMSは生理が開始されるまで、もしくは開始後数日まで続きますので、
症状の出る時期と期間でそのちがいは見当がつくと思います。

・乳腺症
乳房の中には、乳腺とよばれる母乳を出すための管があります。
そこは毎月生理前になると妊娠準備として拡張したり、
母乳の代わりに水分を溜め込んだりして活動します。
そのため、この期間は乳房が張り、時に痛みを伴います。

通常だとそのまま生理が来て水分は吸収され張りも収まりますが、
この乳腺に何らかの要因が働き炎症を起こすことがあります。
これが乳腺症です。

乳腺症の場合、外から触るとしこりがあったり、
しこり部分が特に痛みを感じたりします。

・乳がん
乳腺症の症状と似ていますが、痛みはあったり無かったりです。
しこりがあり、片方だけが張る、形がいびつなどという時は、
すぐに病院を受診してください。

乳房を専門に見てくれる「乳腺外来」という科があります。
できたらそちらへ行くことをおすすめします。

■PMSによる乳房の張りや痛みの緩和方法

乳腺症や乳がんなどの特別な治療が必要ではない場合、
時間とともに症状は収まりますが、その間なにもしないのも苦痛です。

そこで、張りや痛みを緩和する方法をお教えしましょう。
特別なことではないので、どこでも実践出来るものばかりです。

・下着をサイズアップする
普段のサイズでは収まらないほど胸が張る人もいます。
ほんの数日のことといわず、
その数日間用のサイズの大きい下着を用意しましょう。

張って痛いのに狭いところに押し込めると余計痛いものです。
かと言って下着を付けずにいるわけにもいきません。

アンダーをしっかりと支えて、カップは緩すぎない程度のものを。
締め付けがきついと血流が悪くなり余計に痛くなるので注意しましょう。

・マッサージ
血行を良くすることで痛みが緩和されます。
また、血流がよくなると乳腺の拡張もスムーズになるので、
乳腺症の予防にもなります。

できればお風呂や、ホットタオルで温めてから
優しくマッサージをすると効果的です。

■乳房の状態をチェックしておこう

ホルモンの変化によってその大きさまでも変えてしまう乳房。
生理周期と連動して柔らかくなったり硬くなったり、
ふくよかになったり、張りのないものになったり変化します。

先程も上げましたが、張りと痛みだけでは
判断がつきにくい病気が潜んでいる可能性もあります。

そこで、1日1回は胸の状態をチェックするようにして見ませんか?
チェックの仕方は以下のようになります。

・乳房の周りを指先で優しくおしてみる
たまのような、コリッとした間隔が合った場合はそれがしこりです。
見つけたら病院でくわしく診てもらいましょう。

・鎖骨から乳首に掛けて指で押しながら下がる
乳房が張るときは、だいたいこの部分から張り出します。
少し痛みがあるようなら、大きめの下着の準備をしておきましょう。

・脇から乳房に向かって指でおす
ここでもしこりが見つかるようならすぐに病院へ行きましょう。
このルートは、胸の肉が腕に流れていく道です。

もし触ってみて問題がなさそうなら、
腕からグイッとお肉を胸に戻すようにマッサージすると
二の腕シェイプとバストアップになりますよ。

毎日行うことで小さな変化を見逃さず、
大事になる前に対処できる可能性が高まります。

もし乳がんなんてことになったら、発見が早いと乳房を残せます。
PMSの症状と同じなので見落としがちですが、
違う可能性も頭の片隅においておいてください。

寒気や吐き気が生理中はとくにひどい|なんとか対策を取れないものなの?

■生理中の寒気や吐き気をなんとかしたい

毎月やってくる生理。
少なくても3日間くらいは、不快な日々が続きますよね。
長い人なんて10日以上なんて人もいるとか。

まず生理中の不快な症状としてあげられるのが「生理痛」。
子宮の伸縮により激しい痛みで起き上がれないほどの痛みに襲われることも。

他によく聞くのが「寒気」と「吐き気」ですね。

出血をしているので、血が足りなくて寒気がするんだろうとか、
激しい腹痛からくる吐き気は、鎮痛剤で何とかするしか無い、
とか思ってませんか?

それ、間違ってますから。

そもそも生理中の不調の原因は、よっぽどの病巣があるとかではない限り、
ホルモンのバランスが変動することによって引き起こされます。

女性ホルモンは、大きく卵巣ホルモンと黄体ホルモンに分かれていて、
一ヶ月間でこの2種類のホルモンの増減が行われます。

卵巣ホルモンは美容ホルモンともいわれ、
生理終了から排卵までの間は、肌ツヤよく女性らしさが現れます。
この時は、ダイエットにも向いているといわれる時期ですね。

逆に排卵後は黄体ホルモンが増えだし、妊娠に体が備え出します。
母性が強くなるので、感情が揺れやすかったり、
これから出来るかもしれない赤ちゃんのために栄養を溜め込もうとします。

この黄体ホルモンの影響で、生理前や生理中に様々な不調が起こるのです。

■若いからホルモンバランスが安定しないと医者に言われたけど本当?

このホルモンの変動は、初潮が始まってから閉経するまで繰り返されます。

若い頃は、体がまだホルモンの変調に慣れていないので体調を崩しやすくなります。
しかし若いので体力も柔軟性もあり、それほど問題視しない場合が多いです。

また、体の機能的にも若い頃は安定をしません。
骨格が定まらない、臓器の大きさが落ち着かない状態の時は、
当然分泌されるホルモン量も安定しないので、治療は難しいのが現実です。

この安定までの時期はそれぞれで、
初潮が始まった歳、体格、体質によって一概に何時から安定しますとは言えません。

大体の目安として、20~25歳を過ぎると、ほぼ安定してくるだろうといわれ、
この頃から、月経困難症などの治療も本格的に受けることが出来ます。

なので、生理中の寒気や吐き気を何とかしたいと病院を受診しても、
根本治療の前に、ホルモン療法を試すよういわれることもあります。

それは、ホルモンバランスがまだ安定していないので、
まずホルモンの安定をさせることが先決だからということです。

■それってPMSかも?

また、もう一つ考えられることとして、「月経前症候群」があります。

生理中の不快感なのに、なぜ生理前の病気を上げるのかというと、
この月経前症候群(PMS)というのは、
場合によっては生理中まで続くことがあるからなんです。

生理前からなんとなく寒気がする。
戻すほどじゃないけど、喉奥に違和感があって吐き気がする。

これは、PMSの症状でもあるんです。

これは、私のパターンですが、
生理1週間前くらいから風邪のような症状。
寒気、だるさ、頭痛、ときに喉のイガイガも。

徐々に症状がひどくなって、生理3日前くらいにはイライラと落ち着かない。
その攻撃的な感情を抱えたまま、生理が始まると生理痛で意気消沈。

でも寒気と吐き気は、生理痛が和らぐ生理3日目くらいまで続く。
生理4日目くらいには出血も少なくなり、地獄の10日間が終了。

婦人科での診断結果は、PMSと月経困難症でした。
寒気、だるさ、頭痛、喉、イライラはPMS。
生理痛と吐き気が月経困難症。

症状が続いていると、根本原因がわかりにくい。
間違った治療ではいつまでも治らない。

生理に絡む体調の不調は、本当に生理が原因なんでしょうか。
症状の緩和を求めるためにも、一度きちんと医師の診断を受けてみませんか。

■寒気や吐き気の対策

寒気や吐き気の原因がホルモンバランスの変調だとしても、
寒気や吐き気を引き起こしている要因は別にあります。

それは、冷えです。

体が冷えると血液も冷たくなります。
冷たい血液が体を回るので寒気が起きます。

体が冷えるといろいろなところで機能不全が起きます。
当然胃も動きが悪くなり、胃液の消化ができなくなり吐き気が起きます。

面倒だから、暑いからとシャワーで済まさずになるべく湯船に浸かる。
せめて半身浴で、冷えを取りながら血行を良くする。

寝るときは、靴下を重ね履きして冷えを予防する。
チョコレートやアルコールは体を冷やすのでなるべく食べないようにする。

カフェインも摂り過ぎは生理痛に良くないので気をつける。
生姜や、カプサイシン豊富な唐辛子で体内から温めるのも有功です。

外出先では、低温やけどに気をつけながらお腹や腰にカイロを貼る。
エアコンなどの冷気を直接浴びないように、何かを羽織っておく。

普段できる冷え対策は沢山あります。
汗をかくほどの体温上昇はやり過ぎですが、
ほんわかする程度に体を温かい状態にしておくことは大切です。

ぜひ体を冷やさないようにして、
寒気や吐き気の根本治療を始めてみてください。

下腹部痛対策を教えて!生理前にひどい下腹部痛が起こるのはなぜなの?

■生理前の下腹部痛の原因は妊娠?妊娠以外は?

生理前、下腹部が痛くなることってありますよね。
チクチクしたり、鈍痛うがしたりすると「あぁまた生理がくるのか・・」と憂鬱に。

でも妊娠をしても下腹部痛が起こります。
それは、子宮がこれから大きくなる赤ちゃんのために、
子宮を広げようとしているからなんです。

同じ生理前の下腹部痛ですが、妊娠が原因なら時期が来ればわかります。
では、妊娠以外での下腹部痛の原因ってなんでしょう。

・便秘
女性は男性に比べて便秘になりやすいといわれます。
生理前は体がむくみやすくなるので、腸もむくんで便秘になりやすくなります。

便秘になると、便が詰まって下腹部が痛くなる他に、
悪玉菌の影響でガスが溜まり、そのせいで下腹部が張って痛くなることも。

・子宮内膜症
子宮内膜が傷つき、生理のたびに傷は悪化していきます。
生理が近づき子宮が内膜を剥がそうと伸縮すると、
そのせいで傷が動いて痛みが発生します。

生理のたびに傷はひどくなるので、
痛みは徐々にひどくなっていくんです。

・子宮筋腫
子宮の筋肉部分に良性の腫瘍ができる病気です。
これも子宮内膜症と同じで、生理のたびに症状がひどくなる病気です。

・月経前症候群
PMSとよばれる病気で、症状は様々です。
下腹部痛も症状の一つで、生理が始まるとぴたっと痛みがとまるのが特徴です。

いかがでしょうか。
大体のものは生理のたびに痛みがひどくなっていくので、
耐えられなくなったり、おかしいと感じて病院へ行く人がほとんどです。

しかし最後の月経前症候群に関しては、
症状が下腹部痛だけじゃなく、毎回同じような症状が起こるわけでもありません。

そのため、なかなか病気だと気づきにくい病気なんです。

そこで、この後はなかなか気づかないPMSについてご説明していきましょう。

■PMSとは?

まずは、PMSについてご説明しましょう。

月経前症候群という名の通り、生理前のいろいろな不調を言います。
そうして生理が始まると、もろもろの症状はぴたっとやんでしまいます。

症状は、頭痛、腰痛、むくみ、疲れ、食欲増加と言った体の症状から、
イライラ、不安、落ち込み、不眠といった心の症状までいろいろ。

困ったことに、PMSのはっきりとした原因はわかっていません。
ただし、ホルモンのバランスが関係しているということはわかっているようです。

女性ホルモンは、卵巣ホルモンと黄体ホルモンにわかれます。
この、黄体ホルモンが生理前になると減少して、体の各部に不調を起します。

自律神経に変調をきたし、体に痛みや不快感を与える。
脳内伝達部質に影響を及ぼし、満腹感や幸福感を阻害する。

全て、ホルモンバランスの影響と言えます。

またPMSの症状は、その時の体調や心理状態によっても変わります。
なので、毎回同じ症状が同じように起こるわけではないんです。
それが、PMSだと気づかれない一番の理由かもしれません。

生理前になると体のどこかに不調を感じる。
生理前になるとイライラして八つ当たりしてしまう。

生理前になると・・と思い当たることがあるときは、
ぜひ一度婦人科を受診してみてください。

■治療方法は?

婦人科でPMSだと診断された時、どんな治療があるのでしょうか。

・低容量ピル
これは、避妊薬として知られていますがれっきとした治療薬です。
子宮内膜症や月経困難症などの治療に使われます。

ホルモン量を調整して、体の生理サイクルを一定にする役割があります。
ホルモン量を調整するので、ホルモンバランスの影響で起こるPMSにも効果的。
しかもPMSの治療をしながら生理異常を改善したり、肌トラブルも解決。

・漢方薬
漢方薬は、体質の改善を目的としているので、効果が現れるのに時間がかかります。
最低でも1ヶ月は飲み続ける必要があります。

ただし、天然の成分なので副作用はほとんど心配がいりません。
アレルギー体質の方でも、それを考慮した漢方を調合できるので、
ほとんどの方に服用が可能と言えます。

・食事治療
病院での制限食のようなものではなく、
PMSの改善や、症状の緩和に効果の期待できる栄養素を積極的に摂るようにします。
サプリなどでも補助食として使用することがあります。

症状が多岐にわたるPMSですが、
治療方法は至ってシンプルなものばかりです。

もし気になる症状があるようなら、
気楽な気持ちで一度診察を受けてみてください。

■普段の生活で気をつけることは?

もしPMSの治療を始めたとして、
その効果が実感できるのは次の生理前ということになりますね。

通常の病気なら常に症状が起こっていることがほとんどなので、
薬の効果も日々実感できるものですが、
PMSの治療の場合はそういうわけには行きません。

そこで、治療を進めると同時に、
普段の生活でも少し気にかけておかなくては行けないことをお話します。

・ストレスを上手に解消できるようにしておく
ストレスは、ホルモンに大きく影響します。
そのためPMSの症状の強弱にも影響を及ぼします。

本当はノンストレス生活が遅れたらいいのでしょうが、
現代生活をおくる上で、それは不可能と言えますよね。

そこで、PMSの前からでも、PMS中でも、
上手にストレスを解消する方法を見つけておくことが大切です。

スポーツでも、おしゃべりでも、読書でもなんでもいいです。
これなら気分転換になるということを幾つか用意しておきましょう。

・質のいい睡眠を心がける
夜10時から深夜2時までは、成長ホルモンが最も活発になる時間です。
この時間帯にぐっすりと眠れていると、疲労も抜けて体調も整います。

PMS期間だけ心がけても体内時計が狂ってしまい逆効果なので、
日頃から規則正しい生活を心がけて、
きちんとした眠りにつくように習慣づけておきましょう。