イライラに効果的な漢方は?生理前の症状に当帰芍薬散って効くの?

■当帰芍薬散の口コミを調べてみた

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)って聞いたことありますよね。
これって、漢方薬の名前なんです。

婦人病の治療に時々処方されますが、PMSの症状改善にも効果的といいます。
服用している人たちは、どんな感想を持っているんでしょうか。

・39歳主婦
PMSによるイライラを何とかしたくて飲み始めました。
2ヶ月続けて、イライラの改善はあまり効果がありませんでしたが、
痛くなるほどの冷えやむくみ、ニキビにはばっちり効果が。
匂いがセロリに似た匂いで苦手ですぐが、飲み続けたいと思います。

・42歳女性
PMSの症状の一つ、自律神経の改善のために飲んでみましたが、
私にはあいませんでした。
もともとアルコールや油物で胃もたれをする、
レストランの氷入りのお水で下痢をする、胃腸の弱い体質なので、
効果が現れる前に、副作用で緊急ストップ。
漢方にも副作用があるんだなと実感しました。

・36歳女性
PMS改善のために服用してます。
本当はイライラを治したかったけど、それには効かず、
むくみや冷え、頭痛や生理痛が軽くなった気がする。
もともと便秘気味だったのが、かなり改善されたのは、
ひょっとしたら副作用のせい?かもしれませんが、良い方に効いてくれました。
これからも続けたいです。

思惑と違う効果があった方が多そうですね。
あとは、お腹が緩くなったということもあるようです。

でも、PMSの症状の一部にはとても効果があったと評価が上がっているので、
治療薬の一つとして候補に上げるのはいいのかもしれません。

■生理前のイライラに当帰芍薬散は効果ある?

多少の好みはあるようですが、PMSの症状緩和に効果のあるこの漢方。
一体どんな症状に効くんでしょうか。

・当帰芍薬散の働き
血行を良くし体を温め、貧血の改善に効果があります。
また、痛みを和らげたり、ホルモンバランスを整える効果もあります。

・当帰芍薬散の特徴
女性の聖薬ともいわれるほどに、婦人病の治療に適した漢方です。
6つの生薬から構成されていて、それぞれが生理痛やむくみに効果のあるものです。
また、不妊や更年期の治療にも処方されます。

・当帰芍薬散の注意点
胃腸がとても弱い、食欲不振、吐き気、下痢などを起こしやすい人は、
服用には十分な注意が必要です。

どうもイライラや精神安定を目的としてではなく、
むくみや冷え、痛みなどの身体的症状に効果があるようですね。

ただ、漢方薬は比較的副作用の無い薬と言われていますが、
人によっては胃のむかつきや吐き気、腹痛を感じる人もいます。

胃腸が弱い、吐き気や下痢を起こしやすい人には、それが出やすいので、
処方まえに相談されるといいでしょう。

■生理前のイライラに効果的な漢方は?

当帰芍薬散は、PMSのイライラ緩和にはあまり効果が無いことが分かりました。
では、イライラや精神的な症状に効果的な漢方は何でしょうか。
いくつか集めてみました。

・加味逍遥散
病院でイライラや気分の落ち込みに処方されるのは、まずこの漢方です。
肩こり、疲れ、精神不安定、冷え、不眠などに効果がある漢方です。

・桂枝茯苓丸料
効果としては、加味逍遥散と同様の効果が期待できます。
ちがいは、服用する人の体力のちがいです。
加味逍遥散は、体力のない、小柄な女性に処方されます。
こちらは、比較的体力のある、体格のいい女性向きとされています。

・逍遥丸
冷え、虚弱、生理不順、生理異常、不眠、精神安定に効果的。
更年期症状の緩和に処方されることがあります。

・抑肝散
うつ状態のような気分とは逆に、興奮しやすい、八つ当たりをするなど、
他人に対して攻撃的な気分になる精神疾患に効果があります。

漢方には副作用として、胃腸に変調を来す場合があります。
先の口コミでもお腹が緩くなったという人がいましたよね。

加味逍遥散は、そんな虚弱体質な方でも比較的安心して飲める漢方です。
だからまず、婦人科ではこれが処方されるのかもしれません。

これで効果を実感出来ない、体に副作用も出ないとなると、
徐々に効果の強いもの、別の漢方をと切り替えていく方法を取ります。

■生理前の身体的な症状に効く漢方は?

イライラや八つ当たりなどの情緒不安定な状態に効果的な漢方はわかりました。
では、身体的な症状に効くものはほかにあるんでしょうか。

・婦宝当帰膠
モデルや芸能人も愛用している人が多いことで話題の漢方。
血流を良くし、冷えやむくみを改善。
頭痛、腰痛、肩こり、貧血、めまいなどにも効果的。

・桃核承気湯
比較的体力のある人向け。
便秘、腰痛、頭痛、めまい、肩こりなどの症状に。

・半夏白朮天麻湯
胃腸虚弱で、手先、足先の末端の冷え、頭痛、めまいなどに。

こうしてみてみると、身体的な症状緩和に効果的な漢方は、
すべて血流を良くする効果があるものばかりなんですね。

血の巡りをよくして、冷え、めまい、むくみを治す。
血管のつまりが原因でおこる頭痛や腰痛の緩和。

まさに漢方の考え方である「気」「血」「水」のうちの、
「血」に効果のあるものばかりが集められたといった感じです。

同じ効果のある漢方でも、飲む人の体格、体力によって変わる。
複合している症状によっても変わる。

ぜひ一度漢方薬局へ行って診てください。
いろいろと問診はあると思いますが、自分にあうオリジナルを
調合してくれるはずですよ。

毎月のモヤモヤ・イライラを解消するには?