薬に頼るしかない?生理前の食欲を抑える方法ってあるの?

■生理予定日の3,4日前から食欲が半端ない・・

食べても食べてもなんか物足りない。
かといって満足いくまで食べると体重が・・

私の場合、生理がはじまると全く食べられなくなる日があるので、
ある程度は欲求のままに食べることもあったけど、
そうじゃない人もいるよね。

友達はあんまり生理も重くなく、
生理前の食欲対策は苦労してましたね。

生理前に食欲が増えるのはPMSの症状の一つだけど、
病気だから、と甘えて欲求のままに食べるとあとでとんでもないことに。

かと言って我慢するとストレスになって、
そのストレスでPMSは更に重症化する。

友達は、大豆バーをちょっとづつ食べてました。
私もあまりにひどい時は、湯がいたブロッコリーをかじってましたね。

要は、ダイエット中の食欲対策ですよね。
我慢し過ぎると、爆発した時の反動がすごい。
だから程よく欲求を消化してあげないといけない。

食べると太る、この食欲はおかしいからガマンしないと、と思いがちですが、
私や友達のように、無理に抑えこむより、程よく食べたほうが
結果的にはいいと思いますよ。

■タバコ以外で食欲を抑える方法はある?

タバコを吸うと、なんとなく空腹感が紛れるんですよね。
吸い過ぎたら気持ち悪くなっちゃいますけどね。

でもタバコって血管を縮めてしまうので、
PMSの人にとっては良くない習慣なんですって。

まぁPMSじゃなくてもいいイメージってないですけどね。

ただ、イライラしたり、お腹が空いた時にタバコを吸うと、
なんだか一時でもスッとするんですよね。
スイッチが切り替わるみたいな感覚ですかね。

でもPMSには良くない・・スッキリしたい・・
頭の中をグルグルと駆け巡る。

私はタバコを吸うと気持ち悪くなっちゃったのでやめましたが、
それまでは同じようなジレンマに悩んでました。

そこで考えたのが、禁煙の時の方法です。

禁煙すると太るって聞きますよね?
あれって、タバコを吸わない口寂しさに食べちゃうかららしいんです。

なので、禁煙してる人はアメをなめたりガムを噛んだりするそうです。
そうすることで口寂しさを紛らわすんですって。

タバコに頼ってイライラや食欲対策をしていると、
吸えない環境になった時に、余計にストレスがかかります。

すぐに禁煙するとストレスの元になってしまうだろうし、
かと言って、ズルズルとタバコに頼っているのもよくありませんよね。

すぐに実践できる方法がひとつ。

それは、タバコの代わりを探すこと。
アメでも、ガムでも、ちょっと苦いお茶とかでもいいです。

さらっと飲み干せない味のお茶なら、飲み切るのに時間がかかるので、
その間に気持ちのスイッチが切り替えられます。

全部を置き換えられるならそれが一番ですが、
タバコをやめるって、そんな簡単じゃないですよね。

なので、吸いたくなった5回に一回、次は4回・・と、
徐々にタバコの回数を減らしていくのはいかがでしょうか。

やり始めは体重がちょっと増えてしまうかもしれませんが、
結果的にPMSの症状が軽減できるなら、その価値はあると思いますよ。

ちなみに私は、禁煙したおかげか、肌ツヤが良くなり、
PMS対策の軽い運動も難なくこなせるようになりました。

■空腹を紛らわす方法

PMSの治療として、低用量ピルがあります。
ホルモンに働きかけ、妊娠中だと体に思わせ生理を止めるものです。

PMSは生理前の症状なので、
生理が来なければPMSもないということですね。

ただしこの低用量ピルですが、喫煙者はできない治療法なんです。

なので、タバコで食欲を紛らわせている人たちは、
治療の種類を狭めてしまう可能性もあるので、
思い切って禁煙をおすすめします。

とはいえ、そう簡単なことではないのはわかっているので、
タバコ以外で空腹を紛らわせる方法を探してみました。

・歯を磨く
何故かわかりませんが、歯を磨くと空腹が収まり、
胃のムカムカも収まるそうです。

・ハーブティーを飲む
飲み過ぎはよくありませんが、
適度に飲むとハーブの効能でリラックス出来るとか。

・アロマテラピー
シナモンは、食欲を抑える作用があるそうです。

・ノリをかじる
何故か治まってました。私の経験です。根拠はありません。

・ツボを押す
鼻と上唇の間(前歯の上くらい)をちょっと強めで押す!
やり過ぎると赤くなって恥ずかしい顔になるので注意。

私は歯磨きとノリが効きましたね。

歯磨きって食事の後にするので、食べてなくても歯を磨くと、
食べた気分になっちゃうのかもしれませんね。

■満腹中枢を刺激する方法

怖くなるほどの食欲。
食べても食べても満腹感が得られず止まらない。

ならば、満腹だと頭が感じるように食べればいいんですよ。
これは、うつ病の人の治療にも取り入れられているようです。

・よく噛む
噛むことでセロトニンという物質が分泌されます。
これは、満腹感のほかに安心感をもたらすと言われています。

女性は男性に比べてセロトニンが少ないので、
やけ食いをするのはこの安心感を得るためと考えられています。

満腹中枢を刺激してくれるいろいろな物質は、
食事開始後、30分以降に分泌され始めます。

なので、よく噛んでゆっくりと食事を摂ることで、
満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防止してくれるというわけ。

また、食事前やちょっと小腹が・・という時は、
炭酸水を飲むといいでしょう。

お腹が炭酸で膨れて、「お腹がいっぱい」と体に思わせることができます。

突然増大する食欲に、とてもこわいと感じると思います。
こんなに食べて、大丈夫なのかな?
逆に食べないでいると、イライラしたりして落ち着かない。

食べ過ぎた時の、体型以外にも、胃への負担とか体へのダメージとか。
でもそれもPMSの症状の一つです。

食欲に振り回されて不安でたまらないと思いますが、
PMSの治療が進めば、その食欲も徐々に治まってくるはずです。

食事療法、運動療法、サプリや薬など、治療法はいろいろあるので、
ぜひ自分に合う方法を見つけて、根本の原因であるPMSを治しましょう。

毎月のモヤモヤ・イライラを解消するには?