イライラが収まらない生理前の過ごし方どうしたらイライラが収まるの?

■全然イライラが収まらない場合の対処法

生理前のイライラ、ほうっておくと人間関係にヒビが・・
そうなる前に何とかしたいですよね。

では、そんな生理前のイライラは、どうやって対処したらいいのでしょう。

ずばり!ひとりきりになる!
他人の言動がイライラを起こすなら、一人でいればいいのです。
一人なら、イライラして誰かを傷つけることも喧嘩することもないし。

でもそんなことは不可能ですよね。
仕事もあるし、主婦やママなら家事に育児と休めないことばかり。

では、どうしましょうか。
最終的には、イライラの原因であるPMSが完治すればいいのですが、
PMSという病気はなかなかすぐには完治しない病気です。

それでも治療をしないわけにはいかないので、まずは病院へ行きましょう。
そして、PMSの治療を開始しましょう。

その上で、普段の生活でもイライラしない工夫をしましょう。

イライラを抑える生活とは、
規則正しい生活、バランスのとれた食事、良質の睡眠、
といったごく基本的な生活をおくることです。

しかし現代のストレス社会において、このような生活こそ難しいものです。
そこで、その中でできることだけでも取り入れてみてください。

■イライラはなぜ起こる?

そもそもなぜPMSでイライラが起こるのでしょうか。
その理由を知れば、イライラ対策にも役立つかもしれません。

PMSが起こる原因ははっきりしていませんが、
体内の女性ホルモンのバランスが関係しているといわれています。

排卵後は黄体ホルモンが増えます。
すると精神の安定を司るセロトニンが減り、インスリンの効果が下がります。

セロトニンが減ると不安や恐怖、うつ状態になりやすくなります。
インスリンは体内の血糖値を安定させる物質ですが、
その機能が下がることで血糖値が下がり攻撃的になりやすくなります。

つまり、PMSじゃなくても、
生理がある女性ならだれでもイライラしているということ。

では、なぜ平気な人とそうじゃない人がいるのでしょうか。
それは、体質の違いともう一つ、普段の生活の違いもあります。

体が十分な栄養と十分な休息を得られていれば、
多少の不調は体の中で消化してくれます。

ところが、体内で解決できない状態がPMSの症状として現れるのです。
なので、PMSの治療を進めると同時に、
体を健全な状態にすることも大切な事なのです。

■イライラ緩和に効果的な栄養素

では、食事に関して改善をしようという時、
より効果を揚げるためにはどんなものを摂ればいいのでしょうか。

生理前のイライラを抑制する効果のある栄養素と、
それを含む食材を揚げてみました。

イライラ鎮静にはカルシウム
カルシウムが豊富なのは、乳製品ですよね。クリームシチューやグラタンなど、
温かいものを摂ることで体も温まります。
そして、ビタミンB1を一緒に取ることで、よりカルシウムの効果が上がります。

ストレス対策にビタミンC
ストレスがかかると、更にイライラがひどくなります。
ストレスに対抗するホルモンは、ビタミンCによって生成されるので、
ビタミンCが不足するとストレス解消がうまく行かずイライラが増します。

ストレス抗体にパントテン酸
ストレスに対抗するするホルモンの働きを助けるのがパントテン酸。
ストレスに強い体を作るために必要な栄養素です。
レバー、アボカド、納豆などに含まれます。

体が冷えるとイライラを起こしやすくなります。
冷たい食べ物や飲み物はさけ、温かいものをとるようにしましょう。

■イライラする症状に効果があるというサプリ

イライラを抑える効果のある栄養素を気にしながら食事をしても、
摂取できる量は限られていますよね。

そこで、足りない分を補うためにサプリを飲んでみてはどうでしょう。
PMSのイライラに効果のあるサプリも沢山でています。

成分としては、チェストベリーやセントジョーンズワート、
月見草や大豆イソフラボンなどは効果があるとして人気です。

そんな人気の成分が入っているサプリを紹介いたします。

・女性のミカタ やすらぎ編
月見草オイルや大豆イソフラボンなどの有効成分が入っています。
PMS独特の精神的な症状に特化した効果があるとしたサプリです。

有効成分が詰まっている割に、価格が抑えられているので、
継続使用を考えた時にコスト面が安心。

・ルナリズム
チェストベリー、月見草、ピクノジェノールなどの効果的なハーブの他、
ビタミンやカルシウムなどの必要栄養素もバランスよく配合。

イライラ以外にももやもやする、やる気が起きないなどの、
PMSの不調に効果的です。

・イライラを抑える方法はいろいろある
・イライラを起こしにくい体を作る
・イライラを抑制する栄養素をとるのも必要

イライラは、自分も周りも不快にさせてしまう現象です。
なるべく抑えたいと思うのは当たり前ですよね。

自分にできることを、無理なく行って、
足りない分はサプリや薬などの治療で補って行く。

PMSが引き起こしていることで、本来の自分ではないと、
必要以上に落ち込まないように気をつけていきましょう。

毎月のモヤモヤ・イライラを解消するには?