命の母ホワイトは本当に生理前のイライラに効果があるの?

■命の母ホワイトは生理前のイライラに効果あり?

命の母と聞くと、「更年期障害の薬」と思いがちですが、
それは、命の母Aと言うもの。

命の母ホワイトは、更年期になる前の年代の人の、
生理にまつわる諸症状に効果的な生薬が配合された薬です。

なので、もちろん生理前症候群といわれるPMSにも効果があります。

イライラ、躁うつ感、体や頭のおもだるさなどに効果があると
パッケージにもきちんと明記されていますしね。

命の母ホワイトは、主成分が漢方薬なので即効性は薄く、
飲み続けることが重要です。

また漢方の考え方でいうところの、「血」「水」の流れをよくし、
血行改善、むくみ改善などによる症状の改善を促します。

主成分が漢方薬なので、
時に体質に合わない場合もあります。

そういった時には副作用もつよく出る場合がありますが、
それについては、次の「口コミ」の中で紹介しましょう。

■命の母ホワイトの口コミ一覧

大体の場合、インターネットで口コミ検索をすると、
いい評価ばかりのところと、悪い評価をまとめているところに分かれます。

命の母の場合、それが同じようにのっているところをよく見かけますが、
その理由は、悪い評価は薬が合わなかったことによる副作用だからのようです。

・命の母ホワイトの悪い評価
飲みだしてすぐに吐き気と頭痛が起こり、3日目に服用をやめたらピタリとやんだ。
頭痛と吐き気で一睡もできなかったので服用をやめました。
吐き気とめまいで生活に支障がでたので飲むのを中止しました。
下痢がひどかったです。

これらの症状は、すべて命の母ホワイトの説明書にある副作用です。
全てが即刻服用を中止すべきものではなく、
好転反応と呼ばれる、薬が聞いている証拠の症状も中にはあります。

あまりにもひどくて服用を中止せざる得ない場合もありますが、
許容範囲であれば、しばらく服用することで徐々に治まることもあります。

・命の母ホワイトのいい評価
PMSのいろいろな症状の中で、精神的なものにとても効果がありました。
ストレスから基礎体温が乱れましたが、コレのお陰でイライラから開放され、
体温も安定しだしました。
頭痛や腹痛には効果なかったですが、体のだるさはなくなりました。

副作用だと思っていたのが好転反応だった口コミです。

飲み始めてお腹が緩くなり、時々立ちくらみがありましたが、
2ヶ月飲み続けるとそれらもなくなり、イライラ、落ちこみ、不安などの
精神的な症状がかなり改善されました。

■他にイライラに効果的なサプリ

このように、漢方薬は長期の服用が必須条件で、
しかもその間の副作用や好転反応に対処しなくては行けないという、
人によってはちょっと面倒なお薬です。

そんな面倒は嫌だ!という人には、サプリをおすすめします。

漢方と同じように長期服用で効果を実感するものですが、
あくまでも栄養補助食品なので副作用はありません。

いいか悪いか、好転反応が起こるほどの急激なからだへの影響もありません。
なので、安心して飲み続けられるのです。

・女性のミカタ やすらぎ編
2種類あるうちの、やすらぎ編は心の症状のためのサプリです。
主成分は月見草オイルで、他に大豆イソフラボンやラフマ葉エキス、
各種ビタミンなどがバランスよく配合されています。

・ルナリズム
チェストベリー、月見草、ピクノジェノールなど効果的なハーブが多数配合。
他にもビタミンB、カルシウム、イソフラボンなど、
いいものがぎゅっと詰まったひと粒です。

・ルナベリー
こちらもチェストベリーと月見草オイル配合のサプリです。
他に血液をサラサラにする亜麻仁油や必要栄養素も配合。
血の巡りをよくしてイライラや不安を解消しましょう。

■イライラ時期の乗り切り方

漢方にしてもサプリにしても、
飲んだらすぐにスッキリ晴れやかな気分にはなりませんよね。

もしなったら、それはいけない薬かもしれません。

モヤモヤ、イライラを抱えている時、
いますぐなんとかした~い!そう思うはずです。

そんな時はどうするか。
まず、イライラと攻撃的な時は、外出を避けましょう。

人と合うとどうしても攻撃的な言動のせいでいざこざが起きます。
自分でコントロール出来ないというのは、言い訳にはなりませんよね。

なので、自分の評判のためにも、相手への気遣いのためにも、
なるべく人との接触を控えるようにしましょう。

気分が落ち込んでしまう時は、
あえて外出をしてみましょう。

映画を見る、買い物をする、森林浴、温泉やスパなど、
なんでもいいので家の中にこもってないで外に行きましょう。

外からの刺激でアドレナリンが分泌されて、
落ち込みや不安などの気持ちが向上する効果があります。

・漢方は体質の影響を受ける
・サプリでコントロールすることも出来る
・気分の上がり下がりで対処方法が違う

PMSのせいで気分の安定が崩れることがあります。
そんな時は、無理をしないで一番自分がリラックス出来るようにしましょう。

それが実は、自分のため以上に、
周りの人のためにもなることなのです。

毎月のモヤモヤ・イライラを解消するには?